ルートヴィヒ9世 (ヘッセン=ダルムシュタット方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ9世

ルートヴィヒ9世Ludwig IX., 1719年12月15日 - 1790年4月6日)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯(在位:1768年 - 1790年)。ルートヴィヒ8世とその妃であったハーナウ=リヒテンベルクヨーハン・ラインハルト3世の娘シャルロッテ・クリスティーネ・マグダレーネ(1700年 - 1726年)の息子。ダルムシュタットで生まれた。

1741年8月12日プファルツ=ツヴァイブリュッケン公クリスティアン3世の公女で、後のバイエルン王マクシミリアン1世の伯母にあたるヘンリエッテ・カロリーネ(1721年 - 1774年)と結婚し、以下の3男5女をもうけた。

  1. カロリーネ(1746年 - 1821年) - ヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世
  2. フリーデリケ(1751年 - 1805年) - プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世
  3. ルートヴィヒ10世(1753年 - 1830年) - ヘッセン=ダルムシュタット方伯、後にヘッセン大公
  4. フリーデリケ・アマーリエ(1754年 - 1832年) - バーデン大公子カール・ルートヴィヒ
  5. ヴィルヘルミーネ・ルイーザ(1755年 - 1776年) - ロシア皇帝パーヴェル1世
  6. ルイーゼ(1757年 - 1830年) - ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アウグスト
  7. フリードリヒ(1759年 - 1802年) - ブレスラウ司教
  8. クリスティアン(1763年 - 1830年)

1790年にピルマゼンスラインラント=プファルツ州)で死去、長男のルートヴィヒ10世が後を嗣いだ。

先代:
ルートヴィヒ8世
ヘッセン=ダルムシュタット方伯
1768年 - 1790年
次代:
ルートヴィヒ10世