ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴャチェスラフ大公

ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ(Вячеслав Константинович, 1862年7月13日 - 1879年2月27日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。

ヴャチェスラフはコンスタンチン・ニコラエヴィチ大公とその妻アレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃(ザクセン=アルテンブルク公女アレクサンドラ)とのあいだの末息子として、サンクトペテルブルクで生まれた。末っ子として家族から溺愛されていたが、1879年に突然の激しい頭痛に襲われ、わずか1週間で世を去った。死因は脳内の炎症であった。