シュレースヴィヒとホルシュタインの統治者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下はユトランド半島南部に存在したシュレースヴィヒ(スレースヴィー)およびホルシュタイン(ホルステン)の統治者の一覧である。統治者の大半は公爵位にあった。両地域が19世紀にプロイセン王国に併合されて以後、シュレースヴィヒおよびホルシュタイン公爵の称号は名目的なものとなった。

シャウエンブルク家[編集]

ホルシュタイン伯領は何度か分裂を経験し、6つの家系に分割されたこともあった。1386年、デンマーク王オールフ2世とその母親の摂政マルグレーテ1世は、ホルシュタイン=レンツブルク伯ゲルハルト4世とその子孫にシュレースヴィヒ公国を与えた。ゲルハルト4世はシュレースヴィヒ公としてはガーハード2世と称した。1390年までに、レンツブルク伯爵家はホルシュタイン=ピンネブルクを除く他のホルシュタイン伯領を自領に統合した。ホルシュタイン=ピンネブルク伯領は家系が断絶する1640年まで他のホルシュタイン地域とは統治者を異にしていたが、その後はホルシュタイン公国に併合された。

肖像 治世 名前
Grevgerhardssegl.jpg
1326年-1330年 ゲルハルト3世、シュレースヴィヒ公としてはゲアハー1世
1375年-1386年 ハインリヒ2世(ヘンリク・ヤーン)と弟ニコラウス(クラウス)による共同統治
1386年-1404年 ゲルハルト4世、シュレースヴィヒ公としてはゲアハー2世
1404年-1427年 ハインリヒ4世
1427/40年-1459年 アドルフ8世、シュレースヴィヒ公としてはアドルフ1世

オルデンブルク家(1460年 - 1544年)[編集]

デンマーク王クリスチャン1世はアドルフ1世(8世)の死後、デンマーク王冠の属領であるシュレースヴィヒ公国を自分の統治下におき、またアドルフの母方の甥である関係から、ホルシュタイン伯領(当時は神聖ローマ帝国ザクセン=ラウエンブルク公国の属国だった)をも相続した。1474年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世はホルシュタイン伯を公爵に昇叙した上で、ホルシュタイン公爵とザクセン=ラウエンブルク公爵の間の主従関係を解除し、ホルシュタイン公を皇帝の直臣(帝国直属身分)とした。

肖像 治世 名前
Christian-I-DenmarkNorwaySweden.JPG
1460年-1481年 クリスチャン1世、1474年に神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世によってホルシュタイン伯からホルシュタイン公に陞爵される
1455 Johann.JPG
1481年-1513年 ハンス、1482年より弟フレゼリク1世と共同統治
ChristianIIb.jpg
1513年-1523年 クリスチャン2世、叔父フレゼリク1世と共同統治、廃位され1559年に死没
Frederik1dk.jpg
1490年-1533年 フレゼリク1世、1482年から1490までは行政担当者であり、1490年以後共同統治者となった
Christian III of Denmark.jpg
1523年-1544年 クリスチャン3世、1533年まで父フレゼリク1世と共同統治

シュレースヴィヒとホルシュタインにおけるオルデンブルク家とホルシュタイン=ゴットルプ家の共同統治[編集]

1533年から1544年まで、デンマーク王クリスチャン3世は、未成年だった異母弟ハンス老公とアドルフを名目上の共同統治者としつつ、シュレースヴィヒおよびホルシュタイン公国を単独で統治していた。1544年に三兄弟はホルシュタイン公国(神聖ローマ帝国の封土)とシュレースヴィヒ公国(デンマーク王国の封土)を分割相続した。このとき三兄弟は地域が分断されることに反対する両公国の等族たちと長い交渉を経て、領土分割を実現した。三兄弟はもう一人いる末弟フレゼリクに関しては、神聖ローマ帝国内のルター派司教領の監督職に就けて、世襲領を分け与えないことを決めた。

3つの公爵領はそれぞれの歳入が三等分になるように調整されて分割されており、特定の地域や荘園などは三等分になるようそれぞれ割り当てられていたが、都市税や関税などは一度に集められたものを三兄弟で分け合っていた。領地を歳入に合わせて分割したため、シュレースヴィヒとホルシュタインの内部に出来た3つの公爵領はそれぞれがパッチワーク状に分裂していた。ただしこの様な形での分割は、さらなる分割を防ぎたい両公国の等族たちの思惑によって成立したものであった。歳入に合わせた領土分割によって出来た各公爵領では、諸勢力が蜂の巣状に割拠していた。シュレースヴィヒとホルシュタインに同時に存在する3人の公爵たちは、全員が「シュレースヴィヒ、ホルシュタイン、ディトマルシェンおよびストルマルンの公爵」の称号を名乗っていた。

クリスチャン3世の二番目の弟であるアドルフはゴットルプ(ゴットープ)に居を構え、より明確に他の兄弟と区別するために「シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公」と呼ばれた。彼の子孫はデンマーク王家オルデンブルク家の分枝であるホルシュタイン=ゴットルプ家を創設した。以下に示される歴代のデンマーク王とホルシュタイン=ゴットルプ家の公爵は、シュレースヴィヒとホルシュタインの二公国に対しては共同君主として振る舞っていたが、実際には明確に分けられたそれぞれの領地から歳入を得ていた。クリスチャン3世のすぐ下の弟ハンス老公は「シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ハーデルスレーベン(ハザスレウ)公」と呼ばれていたが、子供を残すことが出来ず、1代で断絶した。

またクリスチャン3世の末息子のハンス若公も、1564年にシュレースヴィヒとホルシュタインに公爵領を与えられた。ハンス若公は両公国内のデンマーク王領の3分の1を得たため、歳入としては両公国全体の9分の1を得ることになった。しかしハンス若公に始まるゾンダーブルク家の公爵たちは、ホルシュタイン=ゴットルプ家とは違い両公国の共同君主の地位を得ることは出来なかった。

1580年にハンス老公が死ぬと、甥のフレゼリク2世王と弟アドルフがその遺領を等分して相続したため、シュレースヴィヒとホルシュタインにおけるデンマーク王の歳入はさらに6分の1増えることになった。二つの別々の公国に歳入上の分割を導入したことは、神聖ローマ帝国とデンマークに別々に臣属しているという法的地位の違いを越えて、両国をより不可分な関係にしていくことにつながった。

オルデンブルク家[編集]

肖像 治世 名前
Christian III of Denmark.jpg
1544年-1559年 クリスチャン3世、弟ハンスおよびアドルフと共同統治
Frederik 2.jpg


1559年-1588年


フレゼリク2世
Christian 4 som gammel.jpg
1588年-1648年 クリスチャン4世、1640年にホルシュタイン=ピンネブルク伯領を獲得し、デンマーク王領ホルシュタインに併合
Frederik 3 by window.jpg
1648年-1670年 フレゼリク3世
Christian V of Denmark.jpg
1670年-1699年 クリスチャン5世
Frederik den 4.jpg


1699年-1730年


フレゼリク4世
1713年にフレゼリク4世はシュレースヴィヒ全域を自領に併合する。

ホルシュタイン=ゴットルプ家[編集]

肖像 治世 名前
Adolf I. von Schleswig-Holstein-Gottorf.jpg
1544年-1586年
1544年-1580年
アドルフ、兄クリスチャン3世およびハンスと共同統治
ハンス老公、兄クリスチャン3世および弟アドルフと共同統治
1586年-1587年 フレゼリク2世
1587年-1590年 フィーリプ
Johann Adolf von Holstein Gottorp.jpg
1590年-1616年 ヨハン・アドルフ
Friedrich III Herzog von Schleswig-Holstein-Gottorf.jpg
1616年-1659年 フレゼリク3世
Christian Albrecht.jpg
1659年-1694年 クリスチャン・アルブレクト
Friedrich IV. Gottorf.jpg
1694年-1702年 フレゼリク4世
1700 Karl Friedrich.JPG
1702年-1713年 カール・フリードリヒ
1713年にデンマーク王フレゼリク4世はシュレースヴィヒ公国の宗主としての権限を行使して、カール・フリードリヒからシュレースヴィヒ公国の共同統治者の地位を剥奪した。しかし神聖ローマ皇帝を宗主とするホルシュタイン公国では、カール・フリードリヒは引き続きデンマーク王の共同統治者のままであった。以後、シュレースヴィヒはデンマーク王の単独統治を受けた。

オルデンブルク家のシュレースヴィヒ単独統治とホルシュタインにおけるオルデンブルク家、ホルシュタイン=ゴットルプ家の共同統治[編集]

オルデンブルク家[編集]

肖像 治世 名前
Frederik den 4.jpg
1699年-1730年 フレゼリク4世、1721年正式にシュレースヴィヒ全域を統治下に収めるも、ホルシュタインの分裂は継続
Christian 6.jpg
1730年-1746年 クリスチャン6世
1723 Frederik.JPG
1746年-1766年 フレゼリク5世
1749 Christian VII.JPG
1766年-1808年 クリスチャン7世
1773年、クリスチャン7世はシュレースヴィヒとホルシュタイン全域を支配下に収める。

ホルシュタイン=ゴットルプ家[編集]

肖像 治世 名前
1700 Karl Friedrich.JPG

1702年-1739年

カール・フリードリヒ、1713年まではシュレースヴィヒにおいても共同統治者
Peter III of Russia by Rokotov.jpg
1739年-1762年 カール・ペーター・ウルリヒ、のちロシア皇帝ピョートル3世
Borovikovsky Pavel I.jpg
1762年-1773年 パーヴェル・ペトロヴィチ、のちロシア皇帝パーヴェル1世
1773年、パーヴェルはデンマーク王領オルデンブルク伯領の割譲と引き替えに、ホルシュタインにおける共同統治者の地位を放棄する。

オルデンブルク家(1773年 - 1863年)[編集]

肖像 治世 名前
1749 Christian VII.JPG
1766年-1808年 クリスチャン7世、1773年より両公国における単独統治者
Fiedrichvidenmark.jpg
1808年-1839年 フレゼリク6世
1786 Christian VIII.jpg
1839年-1848年 クリスチャン8世
Frederik VII af August Schiøtt.jpg
1848年-1863年 フレゼリク7世
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク公クリスチャン・アウグスト2世が競合(1848年 - 1851年)

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク家(1863年 - 1865年)[編集]

肖像 治世 名前
1818 Christian-05.jpg
1863年-1864/65年 クリスチャン9世
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=アウグステンブルク家のフリードリヒ"8世"が競合
1864年、ホルシュタインとシュレースヴィヒの両公国は第2次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争においてドイツ連邦に占領され、普墺戦争の後の1866年、プロイセン王国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン県の一部として併合される。

名目上の公爵[編集]

プロイセン王国政府はホルシュタインとシュレースヴィヒを併合後、オルデンブルク家の家長を両公国における陪臣の公爵として認めた。以後、シュレースヴィヒおよびホルシュタイン公爵はプロイセン貴族となった。

関連項目[編集]