シャウエンブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャウエンブルク家の紋章

シャウエンブルク家ドイツ語: Schauenburger)は、ドイツ諸侯の家系である。シャウムブルク家ともいわれる。シャウムブルク伯領およびホルシュタイン伯領を領した。ホルシュタイン伯領は後にホルシュタイン=イツェホー、ホルシュタイン=キール、ホルシュタイン=ピンネベルク(1640年まで)、および、ホルシュタイン=ゼーゲベルク、ホルシュタイン=レンズブルク(1460年まで)に分割された。また、のちにシュレーズヴィヒ公領も得た。

歴史[編集]

シャウムブルク城
シャウエンブルク家の本拠(2009年撮影)

シャウエンブルク(シャウムブルク)の名は、同家の本拠地であったヴェーザー川沿いのリンテルン近くにあるシャウエンブルク城(のちシャウムブルク城)から名づけられた。1295年からは同家はシャウエンブルク伯を名乗った。アドルフ1世が1106年に初めてシャウエンブルク領主となった人物と考えられている。

1110年、シャウエンブルク領主アドルフ1世はザクセン公ロタールにより、ハンブルクを含むホルシュタインおよびシュトルマルンをレーエンとして与えられた。[1]

ホルシュタインはシュテラウの戦い(1201年)の後、デンマークに占領されたが、ボルンヘーフェトの戦い(1227年)においてシャウエンブルク伯らにより再び征服された。

1640年にオットー5世が嗣子なく死去した後、シャウエンブルク家は断絶した。ホルシュタイン=ピンネベルク伯領はホルシュタイン公領に併合された。本来のシャウムブルク伯領は、シャウエンブルク家の後継者の間で3つに分割相続された。それらのうち1つはブラウンシュヴァイク=リューネブルク公領に組み込まれ、1つはシャウムブルク=リッペ伯領に、もう1つはシャウムブルク伯領として存続し、ヘッセン=カッセル方伯により同君連合の形で統治された。

シャウエンブルク家の所領[編集]

  • シャウムブルク伯領:1106年頃-1640年(ホルシュタイン伯領とともに領有、のち、ホルシュタイン=イツェホー、そしてホルシュタイン=ピンネベルクとともに領有)
  • ホルシュタイン伯領(シャウムブルクとともに領有):1110年-1137年、1142年-1203年、1227年-1261年
  • ホルシュタイン=キール伯領:1261年–1390年
  • ホルシュタイン=イツェホー伯領(シャウムブルクとともに領有):1261年–1290年
  • ホルシュタイン=ゼーゲベルク伯領:1273年–1315年、1397年–1403年
  • ホルシュタイン=ピンネベルク伯領(シャウムブルクとともに領有):1290年–1640年
  • ホルシュタイン=レンズブルク伯領:1290年–1459年
  • シュレーズヴィヒ公領:1326年-1330年、1375年-1459年

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
アドルフ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ2世
 
マティルダ
(シュヴァルツブルク伯ジッツォ3世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ4世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
1=デンマーク王アーベル
2=スウェーデン王ビルイェル・ヤール
 
 
 
ヨハン1世
キール伯
 
エリザベート
(ザクセン公アルブレヒト1世娘)
 
 
 
ゲルハルト1世
イツェホー伯
 
エリザベート
(メクレンブルク公ヨハン1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーリク5世
デンマーク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ5世
ゼーゲベルク伯
 
ヨハン2世
キール伯
 
マルガレーテ
(デンマーク王クリストファ1世娘)
 
ハイルヴィヒ
=ブランデンブルク辺境伯オットー4世
 
インゲボー
(スウェーデン王ヴァルデマール娘)
 
ゲルハルト2世
プレン伯
 
アグネス
(ブランデンブルク辺境伯ヨハン1世娘)
 
 
アドルフ6世
ピンネベルク伯
 
ヘレネ
(ザクセン=ラウエンブルク公ヨハン1世娘)
 
リクザ
 
ニコラウス2世
ヴェーレ侯
 
ハインリヒ1世
レンズブルク伯
 
ヘートヴィヒ
=スウェーデン王マグヌス1世
 
ルイトガルト
=リューネブルク公ヨハン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドルフ7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルハルト4世
 
ヨハン3世
キール伯
 
カタリーナ
(グウォグフ公ヘンリク3世娘)
 
アドルフ7世
 
ヘレネ
=シュヴァルツブルク伯ハインリヒ9世
 
ゾフィー
(ヴェーレ侯ニコラウス2世娘)
 
ゲルハルト3世
 
アデルハイト
=シュレースヴィヒ公エーリク2世
 
エリーザベト
1=ザクセン=ラウエンブルク公ヨハン2世
2=エーリク(デンマーク王クリストファ2世子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルハルト5世
 
 
 
アドルフ9世
 
 
 
オットー1世
 
マティルデ
(リューネブルク公ヴィルヘルム2世娘)
 
 
 
ハインリヒ2世
シュレースヴィヒ公
 
ニコラウス
シュレースヴィヒ公
 
エリーザベト
(リューネブルク公ヴィルヘルム2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホルシュタイン=ピンネベルク伯
 
エリーザベト
(リューネブルク公マグヌス2世娘)
 
ゲルハルト6世
シュレースヴィヒ公
 
アルブレヒト2世
 
ハインリヒ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ4世
シュレースヴィヒ公
 
ヘートヴィヒ
 
ディートリヒ
オルデンブルク伯
 
アドルフ11世
シュレースヴィヒ公
 
ゲルハルト7世
シュレースヴィヒ公
 
アグネス
(バーデン辺境伯ベルンハルト1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン1世
デンマーク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オルデンブルク朝
  •  :ホルシュタイン伯

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lemma Schauenburg/Schaumburg. In: Klaus-Joachim Lorenzen-Schmidt, Ortwin Pelc (Hrsg.): Schleswig-Holstein Lexikon. 2. Aufl., Wachholtz, Neumünster, 2006.

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年
  • Jiri Louda、Michael Maclagan、Lines of Succession、Little、Brown & Company、1981.
  • Werner Krum、Schleswig- Holstein. Ein Reisebegleiter、Prestel Verlag、1989.