アルブレヒト2世 (メクレンブルク=シュヴェリーン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルブレヒト2世(Albrecht II., 1318年 - 1379年2月18日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン(在位:1352年 - 1379年)。スウェーデンも兼ねたアルブレクトの父。また、北欧三国(カルマル同盟)の君主を兼ねたエーリク・ア・ポンメルンの曾祖父でもある。

1329年、父のメクレンブルク侯ハインリヒ2世の死に伴い、領土を弟のヨハン1世と共に相続、1348年神聖ローマ皇帝カール4世によって公爵に昇叙され、1352年に領土を分割、ヨハン1世にシュタルガルトを分与(メクレンブルク=シュタルガルト公国)、自らはメクレンブルクの広大な西部地域を保持し、1358年シュヴェリーン一帯を獲得した後はシュヴェリーンを公爵の居所とした。

1336年、スウェーデン王女エウフェミアと結婚した。彼女の父はスウェーデン王マグヌス3世の次男エリク・マグヌソン、母はノルウェーホーコン5世の娘インゲボルグであり、兄マグヌス4世はその縁で両国の王に即位した。アルブレヒト2世もこの姻戚関係を元にスカンディナヴィア半島に地歩を築き、1362年デンマークヴァルデマー4世の長女インゲボーと長男のハインリヒと結婚させた。2人の間にアルブレヒト、マーリア等の孫が生まれたが、マーリアは1380年ポンメルン公ヴラティスラフ7世と結婚、エーリクを生む事になる。

一方、スウェーデンではマグヌス4世がスウェーデン貴族の争いに敗れ1364年に退位した。マグヌス4世には次男にホーコン6世がいたが(長男のエリク12世は既に死亡している)、貴族達は彼の即位を阻止すべくアルブレヒト2世の同名の次男(スウェーデン名アルブレクト)をスウェーデン王に選出した。

1379年に死去した。それから10年後の1389年にアルブレクトはデンマーク軍に敗れて廃位され、エーリクが1397年に即位する事になる。

家族[編集]

エウフェミア(1317年 - 1370年)との間に5人の子を儲けた。

  1. ハインリヒ3世(1337年 - 1383年)
  2. アルブレヒト3世(1338年 - 1412年)
  3. インゲボルク(1340年 - 1395年) - ブランデンブルク選帝侯ルートヴィヒ3世と結婚。死別後はホルシュタイン=レンツブルク伯ハインリヒ2世と再婚。
  4. マグヌス1世(1345年 - 1384年)
  5. アンナ(? - 1412年) - ホルシュタイン伯アドルフ7世と結婚。

エウフェミアの死後、アーデルハイト・フォン・ホーエンシュタイン(? - 1380年)と再婚したが、子は無かった。

先代:
ハインリヒ2世
メクレンブルク侯
1329年 - 1348年
共治:ヨハン1世
次代:
公爵に昇叙
先代:
新設
メクレンブルク公
1348年 - 1352年
共治:ヨハン1世
次代:
シュヴェリーン系、シュタルガルト系に分割
先代:
メクレンブルクから分割
メクレンブルク=シュヴェリーン
1352年 - 1379年
次代:
ハインリヒ3世