ヨハン (ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン(Johann, 1242年 - 1277年12月13日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの1人で、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公(在位:1252年 - 1269年)、リューネブルク(在位:1269年 - 1277年)。ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公オットー1世ブランデンブルク辺境伯アルブレヒト2世の娘マティルドの次男で、ヴォルフェンビュッテルアルブレヒト1世の弟。

1252年の父の死後、兄のアルブレヒト1世と共に統治していたが、1267年に所領分割を要求、1269年に分割が行われ、ヨハンは北部のリューネブルクツェレハノーファーを、アルブレヒト1世は南部のブラウンシュヴァイクアインベックグルーベンハーゲンカレンベルクヴォルフェンビュッテルハルツ山地ゲッティンゲンを領有する事になった。

1277年死去。遺体はリューネブルクの聖ミカエル教会に埋葬された。

子女[編集]

1265年、ホルシュタイン伯ゲルハルト1世の娘ルイトガルドと結婚、5人の子を儲けた。

  • オットー2世(1266年 - 1330年)
  • マティルデ(? - 1301年) - ヴェーレ侯ハインリヒ1世と結婚。
  • エリーザベト(? - 1298年) - オルデンブルク伯ヨハン2世と結婚。
  • ヘレネ(? - ?) - ヴェルニゲローデ伯コンラート3世と結婚。
  • アグネス(? - 1314年) - ハドメルスレーベン伯ヴェルナー1世と結婚。

他に庶子ハインリヒ(? - 1324年)がいる。

爵位・家督
先代:
オットー1世
ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1252年 - 1269年
次代:
リューネブルク侯領ヴォルフェンビュッテル侯領に分割
先代:
新設
リューネブルク
1269年 - 1277年
次代:
オットー2世