ブランデンブルク統治者の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブランデンブルク統治者の一覧(ブランデンブルクとうちしゃのいちらん)では、神聖ローマ帝国領邦君主の一人であるブランデンブルク辺境伯選帝侯)を一覧で列挙する。

ブランデンブルク辺境伯領は神聖ローマ帝国の主要な構成国の一つである。1157年ノルトマルク辺境伯アルブレヒト1世(熊公)がブランデンブルク辺境伯を設置したことに始まる。1356年カール4世金印勅書を発したことで選帝侯の地位を獲得する。

初期は様々な家系が支配したが、1415年以降は一貫してホーエンツォレルン家が5世紀にわたって統治した。ブランデンブルク辺境伯及び選帝侯は1806年の神聖ローマ帝国崩壊で廃された。しかしながらホーエンツォレルン家はプロイセン王国(ホーエンツォレン家は1701年に「プロイセンの王」を、1772年にはプロイセン国王の地位を獲得した)と名を変えてベルリンを中心として統治し続けた。1871年から1918年の間にはドイツ皇帝も兼ねている。

ブランデンブルク辺境伯[編集]

アスカーニエン家
名前 統治期間 備考
アルブレヒト1世 1157年 - 1170年 1134年以降はノルトハイムの統治者。「熊公」と呼ばれた。
オットー1世 1170年 - 1184年 アルブレヒト1世の息子で1144年からは父親と共同統治。
オットー2世 1184年 - 1205年 オットー1世の息子。
アルブレヒト2世 1205年 - 1220年 オットー2世の弟。
アルブレヒト2世の息子、共同統治。
1266年から1319年の間、ブランデンブルクは共に辺境伯の称号を持つブランデンブルク=シュテンダルとブランデンブルク=ザルツヴェーデルの2つの系統に分裂した。
ブランデンブルク=シュテンダル ブランデンブルク=ザルツヴェーデル

ヨハン1世の息子たちの共同統治:

オットー3世の息子たちの共同統治:

共同統治:

共同統治:

1320年にアスカーニエン家が断絶すると、ヴィッテルスバッハ家出身の神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世がブランデンブルクを獲得し、後に長男のルートヴィヒ5世を封じた。
ヴィッテルスバッハ家
名前 統治期間 備考
ルートヴィヒ2世 1323年 - 1351年 ハインリヒ2世の従弟で神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の息子。
ルートヴィヒ3世 1351年 - 1356年 ルートヴィヒ2世の弟。1356年に選帝侯位を獲得。

ブランデンブルク選帝侯[編集]

ヴィッテルスバッハ家
肖像画 名前 統治開始 統治終了 備考
ルートヴィヒ3世 1356年1月10日 1365年3月17日 初代ブランデンブルク選帝侯。「ローマ人」と呼ばれる。
オットー7世 1365年3月17日 1373年8月18日 ルートヴィヒ3世の弟で1351年から共同統治。しかし幼かった為(1346年生まれ)、兄の死まで実権を持たなかった。1373年に退位したが、1379年の死まで選帝侯の称号を有していた。
ルクセンブルク朝
肖像画 名前 統治開始 統治終了 備考
Die deutschen Kaiser Wenzel.jpg ヴェンツェル 1373年10月2日 1378年11月29日 神聖ローマ皇帝カール4世はオットー7世から選帝侯の地位を買収して息子のヴェンツェルに授けた。ヴェンツェルは未だ幼かったので(1361年生まれ)、父帝が実権を握った。
Albrecht Dürer 082.jpg ジギスムント 1378年11月29日 1388年 ヴェンツェルの異母弟で、ドイツ王ボヘミア王となった兄の優位を認める形でブランデンブルクを統治した。己の上位を認める形でブランデンブルクを従弟のヨープストに譲渡した。
Jošt Lucemburský.jpg ヨープスト 1388年 1411年1月16日 ヴェンツェルとジギスムントの従弟でカール4世の甥。1410年にジギスムントの対抗馬としてドイツ王に選出されるも、ほどなく死去した。
Albrecht Dürer 082.jpg ジギスムント 1411年1月16日 1415年4月30日 ヨープストの死により単独のドイツ王になり、再びブランデンブルクの統治者となった。
ホーエンツォレルン家
肖像画 名前 統治開始 統治終了 備考
Friedrich I Brandenburg Siegesallee Zitadelle.JPG フリードリヒ1世 1415年4月30日 1440年9月20日 元はニュルンベルク城伯。ジギスムントによって1415年にブランデンブルク選帝侯位を指名され、1417年に授けられた。長男のヨハン1425年から1437年にかけて辺境伯としてブランデンブルクを統治したが、フリードリヒ1世は選帝侯位を保持したままであった。
Friedrich II 300f.jpg フリードリヒ2世 1440年9月20日 1471年2月10日 フリードリヒ1世の次男。「鉄歯公」と呼ばれた。1437年からブランデンブルクを統治し、1440年の父の死により選帝侯となる。
Albrecht Achilles.jpg アルブレヒト・アヒレス 1471年2月10日 1486年3月11日 フリードリヒ2世の弟。
Johann Cicero 300f.jpg ヨハン・ツィーツェロ 1486年3月11日 1499年1月9日 アルブレヒト・アヒレスの息子。
Joachim I. Nestor.jpg ヨアヒム1世ネストル 1499年1月9日 1535年7月11日 ヨハン・ツィーツェロの息子。弟のマインツ選帝侯アルブレヒト1499年から1513年まで共同統治。しかしヨアヒム1世だけが選帝侯だった。
Joachim II of Brandenburg by Lucas Cranach the Younger.jpg ヨアヒム2世ヘクトル 1535年7月11日 1571年1月3日 ヨアヒム1世の息子。プロテスタントに改宗した最初のブランデンブルク選帝侯。
Johann Georg Brandenburg MATEO.jpg ヨハン・ゲオルク 1571年1月3日 1598年1月8日 ヨアヒム2世の息子。
Joachim frederick, elector of brandenburg.png ヨアヒム・フリードリヒ 1598年1月8日 1608年7月28日 ヨハン・ゲオルクの息子。
Johann Sigismund 02 IV 13 2 0026 01 0318 a Seite 1 Bild 0001.jpg ヨハン・ジギスムント 1608年7月28日 1619年11月3日 ヨアヒム・フリードリヒの息子。1618年以降はプロイセン公を兼ねる。
Georg Wilhelm.jpg ゲオルク・ヴィルヘルム 1619年11月3日 1640年12月1日 ヨハン・ジギスムントの息子。三十年戦争期間中に統治。兼プロイセン公。
Kurfürst Friedrich Wilhelm von Brandenburg 2.gif フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 1640年12月1日 1688年5月9日 ゲオルク・ヴィルヘルムの息子。「大選帝侯」と呼ばれた。兼プロイセン公。
Friedrich I of Prussia.jpg フリードリヒ3世 1688年5月9日 1713年2月25日 フリードリヒ・ヴィルヘルムの息子。1701年に「プロイセンの王」フリードリヒ1世として即位。
Antoine pesne friedrich wil.jpg フリードリヒ・ヴィルヘルム2世 1713年2月25日 1740年5月1日 フリードリヒ3世の息子。兼プロイセンの王。「兵隊王」と呼ばれた。
FrederickIIofPrussia.jpg フリードリヒ4世 1740年5月1日 1786年8月17日 フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の息子。西プロイセン併合後の1772年に「プロイセン国王」となる。「フリードリヒ大王」と呼ばれた。
フリードリヒ・ヴィルヘルム3世 1786年8月17日 1797年11月6日 フリードリヒ4世の甥。兼プロイセン国王
FWIII.jpg フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 1797年11月6日 1806年8月6日 フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の息子。1806年に神聖ローマ帝国が崩壊すると、フリードリヒ・ヴィルヘルム4世は1840年の死までブランデンブルクを含む独立したプロイセン王国の国王となった。

以後はプロイセン統治者の一覧を参照。

第二次世界大戦後[編集]

ブランデンブルク州首相(1945年から1952年まで)[編集]

東ドイツの行政が廃止されると、ブランデンブルクの地の回復は1990年ドイツ再統一の前触れとなった。

ブランデンブルク州首相(1990年以降)[編集]


関連項目[編集]