アドルフ (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドルフ

アドルフデンマーク語およびドイツ語:Adolf, 1526年1月25日 - 1586年10月1日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公(在位1544年 - 1586年)。ホルシュタイン=ゴットルプ家の始祖。

デンマーク王フレデリク1世とその2番目の妃ソフィー・ア・ポンメルンの息子として生まれた。父王は幼いアドルフをヘッセン方伯フィリップ1世に預けて教育を委ね、アドルフはカッセル城で4年間を過ごした。

1544年、アドルフと次兄ヨハン、そして腹違いの長兄であるデンマーク王クリスチャン3世シュレースヴィヒ公国およびホルシュタイン公国を分割することを決め、領域は税収がおよそ三等分されるように割り当てられた。一番年下のアドルフが一番初めに領地を決める権利を与えられ、アドルフはゴットルプ城とその付属地域を領地に選んだ。このため、アドルフを始祖とする一族はシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ家と呼ばれた。

子女[編集]

1564年、アドルフはヘッセン方伯フィリップ1世の娘クリスティーネと結婚し、10人の子女をもうけた。

  • フレデリク2世(1568年 - 1587年)…シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
  • ゾフィー(1569年 - 1634年)…1588年、メクレンブルク公ヨハン7世と結婚
  • フィーリプ(1570年 - 1590年)…シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
  • クリスティーネ(1573年 - 1625年)…1592年、スウェーデン王カール9世と結婚
  • エリーザベト(1574年 - 1587年)
  • ヨハン・アドルフ(1575年 - 1616年)…シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
  • アンナ(1575年 - 1625年)…1598年、オストフリースラント伯エンノ3世と結婚
  • クリスティアン(1576年 - 1577年)
  • アグネス(1578年 - 1627年)
  • ヨハン・フレデリク(1579年 - 1634年)…リューベック、ブレーメン、フェルデンの領主司教
先代:
デンマーク王クリスチャン3世
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公
1544年 - 1586年
次代:
フレデリク2世