ヴィルヘルム1世 (ヴュルテンベルク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム1世
Wilhelm I.
ヴュルテンベルク王
König Wilhelm I Württ.jpg
ヴィルヘルム1世(シュティーラー画)
在位 1816年10月30日 - 1864年6月25日
全名 ヴィルヘルム・フリードリヒ・カール・フォン・ヴュルテンベルク
出生 1781年9月27日
Flag of the Kingdom of Prussia (1750-1801).svg プロイセンリュッベン
死去 1864年6月25日(満82歳没)
Flagge Königreich Württemberg.svg ヴュルテンベルクシュトゥットガルトローゼンシュタイン城
埋葬  
ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルトヴュルテンベルク廟
配偶者 カロリーネ・アウグステ・フォン・バイエルン
  エカチェリーナ・パヴロヴナ・ロマノヴァ
  パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
子女 マリー
ゾフィー
カタリーナ
カール1世
アウグステ
王家 ヴュルテンベルク家
父親 フリードリヒ1世
母親 アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
テンプレートを表示

ヴィルヘルム1世Wilhelm I.1781年9月27日 - 1864年6月25日)は、ヴュルテンベルク王国の第2代国王(在位:1816年 - 1864年)。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の長男で、全名はヴィルヘルム・フリードリヒ・カールWilhelm Friedrich Karl)。

1781年9月27日ヴュルテンベルクフリードリヒ3世とその妃であったアウグステ・カロリーネ1764年 - 1788年)の間に第一子としてリュッベンブランデンブルク州)に生まれた。1803年に公国は選帝侯国に、後の1806年には王国へ昇格し、ヴュルテンベルク公フリードリヒ3世はヴュルテンベルク王フリードリヒ1世となった。

ヴィルヘルムは1808年6月8日ミュンヘンバイエルンマクシミリアン1世の王女カロリーネ・アウグステと結婚するが、彼女とは1814年に離婚した。次いで1816年サンクトペテルブルクロシア皇帝パーヴェル1世の皇女で父方の従妹にあたるエカチェリーナ・パヴロヴナ(ドイツ語名カタリーナ、1788年 - 1819年)と結婚し、彼女との間にオランダヴィレム3世妃となったゾフィー(1818年 - 1877年)ら二女をもうけた。またこの年、父王の死去を受けてヴュルテンベルクの王位を嗣いだ。

1820年、王妃カタリーナに先立たれていたヴィルヘルム1世は、父方の従妹にあたるパウリーネと結婚した。彼女との間にはヴィルヘルム2世の母親となるカタリーナ(1821年 - 1898年)と、王太子となるカールが生まれた。

ヴィルヘルム1世は1864年にシュトゥットガルトのローゼンシュタイン城で死去し、長男のカール1世が王位を嗣いだ。

子女[編集]

2番目の妻エカテリーナとの間に2人の娘をもうけた。

3番目の妻パウリーネとの間に1男2女の3人の子女をもうけた。

先代:
フリードリヒ1世
ヴュルテンベルク
第2代:1816年 - 1864年
次代:
カール1世