ウィレム3世 (オランダ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィレム3世
Willem III
オランダ国王/ルクセンブルク大公
Portrait of King Willem III of the Netherlands, Nicolaas Pieneman (1856).jpg
在位 1849年3月17日 - 1890年11月23日
1849年3月17日 - 1867年5月11日リンブルフ公
全名 Willem Alexander Paul Frederik Lodewijk
ウィレム・アレクサンダー・ポール・フレデリック・ローデウェイク
出生 1817年2月17日
Flag of the Netherlands.svg ネーデルラント連合王国ブリュッセル
死去 1890年11月23日(満73歳没)
オランダの旗 オランダアペルドールンヘット・ロー宮殿
埋葬 オランダの旗 オランダデルフト新教会
配偶者 ソフィー・ファン・ウュルテンベルフ
  エンマ・ファン・ワルデック=ピルモント
子女 ウィレム
マウリッツ
アレクサンダー
ウィルヘルミナ
王家 オラニエ=ナッサウ家
父親 ウィレム2世
母親 アナ・パウローナ・ファン・ルスラント
宗教 キリスト教改革派教会
テンプレートを表示

ウィレム3世Willem III, 全名:Willem Alexander Paul Frederik Lodewijk van Oranje-Nassau, 1817年2月17日 - 1890年11月23日)は、オランダ国王ルクセンブルク大公(フランス語名でギヨーム3世:Guillaume III)。ウィレム2世とその妃でロシア皇帝パーヴェル1世の娘であるアンナ・パヴロヴナの長男(第1子)。

生涯[編集]

父ウィレム2世の死去により1849年に即位した。王としての権威を振るおうとしたが、父王の時代に王権を制限する憲法改正がなされていたため、国民からは嫌われた。家庭ではヴュルテンベルク王ヴィルヘルム1世の娘ゾフィーを妃に迎え、3人の王子を得た。長男オラニエ公(王太子)ウィレム・ニコラスは39歳で死去、次男マウリッツ王子は7歳で夭折、三男で長男に代わってオラニエ公となっていたアレクサンダーも33歳で死去と、いずれも若くして亡くした。以後、オランダ王家では現国王ウィレム=アレクサンダーが生まれるまで、直系の男子が生まれることはなかった。そしてゾフィーも1877年に死去、深い悲しみを抱いていたが、親子ほど歳の離れたエンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモントと再婚し、1880年に王女ウィルヘルミナが誕生した。

1890年にウィレム3世が死去した後、オランダ王位はウィルヘルミナが継承した。一方、歴代のオランダ国王が兼ねていたルクセンブルク大公は、エンマの伯父に当たるナッサウ=ヴァイルブルク家アドルフが継承し、オランダとルクセンブルクの同君連合はウィレム3世を最後に解消された。

先代:
ウィレム2世
リンブルフ公
1849年 - 1867年
次代:
-