アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルブレヒト
Albrecht
ヴュルテンベルク=アルツハウゼン家
Herzog Albrecht Portrait.jpg
ヴュルテンベルク公アルブレヒト
称号 ヴュルテンベルク公
全名
出生 1865年12月23日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死去 1939年10月31日(満73歳没)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国、ヴュルテンベルク自由人民衆州アルツハウゼン、アルツハウゼン城
埋葬 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国、ヴュルテンベルク自由人民衆州アルツハウゼン
配偶者 マルガレーテ・ゾフィー
子女
父親 フィリップ
母親 マリー・テレーゼ
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

アルブレヒト・フォン・ヴュルテンベルクドイツ語: Albrecht von Württemberg, 1865年12月23日 - 1939年10月31日)は、ヴュルテンベルク王国の王族で、ドイツ帝国元帥

生涯[編集]

1865年、ヴュルテンベルク公フィリップヴュルテンベルクフリードリヒ1世の弟アレクサンダーの孫息子)とその妻のオーストリア大公女マリー・テレーゼテシェン公アルブレヒトの長女)の間の長男として、ウィーンで生まれた。

第一次世界大戦が始まると、アルブレヒトはドイツ第4軍英語版の司令官に就任し、1914年8月のアルデンヌの戦い英語版でドイツ軍を勝利に導いた。この勝利の後、第4軍はマルヌ会戦に参戦し、1914年10月にはフランドルの戦線に送り込まれた。この地でアルブレヒトは戦闘を指揮した(イーゼルの戦い英語版)。また、初めて毒ガスが大規模な作戦として使われた第二次イーペルの戦い英語版でもアルブレヒトは指揮官を務めた。1915年8月にプール・ル・メリット勲章を受章し、1916年8月には元帥に任命された。1918年11月に休戦協定が結ばれるまでアルブレヒトは西部戦線における南部地域の最高責任者だった。

アルブレヒトは男子のないヴュルテンベルク王ヴィルヘルム2世推定相続人であったが、第一次世界大戦におけるドイツの敗北とそれに続くドイツ革命によってヴィルヘルム2世が退位を余儀なくされたため、実際に王位を継ぐことはできなかった。1921年にヴィルヘルム2世が死去すると、アルブレヒトがヴュルテンベルク家の家長となった。

1939年にアルツハウゼン城ドイツ語版で死去し、長男のフィリップ・アルブレヒトが後を継いだ。

子女[編集]

1893年、オーストリア大公カール・ルートヴィヒの長女マルガレーテ・ゾフィーと結婚した。間に3男4女を儲けたが、マルガレーテ・ゾフィーは1902年に死去した。

マルガレーテ・ゾフィーとアルブレヒト
先代:
ヴィルヘルム2世
ヴュルテンベルク家家長
1921年 - 1939年
次代:
フィリップ・アルブレヒト