フリードリヒ2世オイゲン (ヴュルテンベルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ2世オイゲン

フリードリヒ2世オイゲンFriedrich Eugen, 1732年1月21日 - 1797年12月23日)は、ヴュルテンベルク公(在位:1795年 - 1797年)。ヴュルテンベルク公カール・アレクサンダーと妃マリア・アウグスタ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスの四男として、シュトゥットガルトで生まれた。カール・オイゲン公、ルートヴィヒ・オイゲン公の弟にあたる。

1795年、次兄ルートヴィヒ・オイゲンの急死により公位を継いだが2年後に急死、長男のフリードリヒ3世が後を継いだ。

家族[編集]

フリーデリケ・ドロテア・ゾフィアホーエンツォレルン家傍系のブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘、フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯の曾孫)との間に12子をもうけた。

先代:
ルートヴィヒ・オイゲン
ヴュルテンベルク公
1795年 - 1797年
次代:
フリードリヒ3世