アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク (1771-1833)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴュルテンベルク公アレクサンダー、ジョージ・ダウ画、1823年

アレクサンダー・フリードリヒ・カール・フォン・ヴュルテンベルク(Alexander Friedrich Karl von Württemberg, 1771年4月24日 モンベリアル - 1833年7月4日 ゴータ)は、ヴュルテンベルクフリードリヒ2世オイゲンのその妃でブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの間の末息子。ロシア皇帝パーヴェル1世の皇后マリヤ・フョードロヴナの実弟。オーストリア軍およびロシア軍に将軍として仕えた。

アレクサンダーは1791年からヴュルテンベルク軍の司令官を務め、その後1796年から1799年までオーストリア軍に出仕して対フランス戦争を戦った。アレクサンダーは1796年に少将、1798年に中将に昇進した。しかし1799年にアレクサンドル・スヴォーロフ大元帥と出会い、大元帥の推挙でロシア帝国軍に所属することになり、リガ重騎兵連隊の中将に任じられた。翌1800年8月、リガ重騎兵連隊はリガ竜騎兵連隊に再編成され、アレクサンダーは同騎兵連隊の司令官に昇進した。1811年、アレクサンダーはベラルーシの軍政官に任命された。

アレクサンダーは1812年ロシア戦役にも従軍し、ボロジノの戦いを始め多くの戦いを指揮した。1813年にはダンツィヒ包囲戦を指揮し、その褒賞として黄金の剣と2等聖ゲオルギー勲章を授けられた。戦後は自分の指揮するリガ竜騎兵連隊を連れて任地のベラルーシに戻った。1822年アレクサンダーは軍通信部の長官となり、ロシア西部における運河建設事業を取り仕切った。

1826年にアレクサンダーはエカテリノスラフ重騎兵連隊の司令官に任じられ、また国家評議会議員の地位も与えられた。しかし翌1827年にはリガ竜騎兵連隊司令官に戻された。アレクサンダーは1832年11月に退役し、翌1833年に亡くなった。

子女[編集]

1798年、アレクサンダーはザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツの娘アントイネッテと結婚した。彼女はベルギーレオポルド1世の姉、イギリス女王ヴィクトリアの叔母にあたる。夫妻は5人の子女をもうけた。