アントイネッテ・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントイネッテ

アントイネッテ・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト(Antoinette Ernestine Amalie von Sachsen-Coburg-Saalfeld, 1779年8月28日 - 1824年3月14日)は、ヴュルテンベルク公子アレクサンダーの妻。

ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツ・フリードリヒ・アントンと、妃アウグステ・ロイス・ツー・エーベルスドルフの次女として、コーブルクで生まれた。弟にザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世ベルギー国王レオポルド1世、妹にロシア大公妃ユリアーネイギリスケント公爵夫人ヴィクトリアがいる。

1798年11月、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの七男アレクサンダーと結婚。アントイネッテは、ロシア軍人であるアレクサンダーに伴われてロシアへ移住した。2人には5子が生まれた。

  • マリー(1799年 - 1860年) 叔父にあたるザクセン=コーブルク=ゴータ公エルンスト1世の2度目の妃
  • パウル
  • アレクサンダー・ルートヴィヒ(1804年 - 1881年) 
  • エルンスト・コンスタンティン(1807年 - 1868年) ロシアの将軍
  • フリードリヒ(1810年 - 1815年)

次男アレクサンダーの孫であるアルブレヒトは、最後のヴュルテンベルク王ヴィルヘルム2世に男子がなかったため、1921年に後を継いでヴュルテンベルク家の家長となった。