オリガ・ニコラエヴナ (ヴュルテンベルク王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリガ・ニコラエヴナ

オリガ・ニコラエヴナ(Ольга Николаевна, Olga Nikolajewna Romanowa, 1822年9月11日 - 1892年10月30日)は、ヴュルテンベルクカール1世の妃。ロシア大公女ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラの次女(第3子)、アレクサンドル2世の妹。 

1846年7月13日に、ヴュルテンベルク王国の王太子カールと結婚した。カールは1864年に父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に就き、オリガは王妃となった。カール1世との間に子はなく、1891年にカール1世が68歳で死去した後は、王の従兄と姉の息子であるヴィルヘルム2世が王位を継承した。翌1892年にオリガも70歳で死去した。

関連項目[編集]

  • カタ・ジュタ:別名オルガ山(オリガ・ニコラエヴナにちなんで名付けられた)