マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァМария Владимировна Романова, 1953年12月23日 - )は、ロシア帝位請求者。1992年よりロシア女帝およびロマノフ家家長を自称しており、また、出生時よりロシア大公女の称号と「Her Imperial Highness」の敬称を使用している。しかしその帝位請求権および「大公女」の儀礼称号の使用には、ロマノフ家の一部から異議が唱えられている。

経歴[編集]

マリヤは1953年、ロマノフ家家長でロシア皇帝を自称するウラジーミル・キリロヴィチ大公と、その妻レオニーダ・バグラチオン=ムフランスカヤ公爵令嬢(1914年-2010年)とのあいだの一人娘として、マドリードで生まれた。母レオニーダはアメリカ人の資産家との離婚歴があった。マリヤはマドリードとパリで教育を受け、短期間ながらイギリスのオックスフォード大学に在籍し、ロシアの歴史と文学を学んだ。

1969年12月23日、マリヤは家内法において成人と見なされる年齢に達し、父ウラジーミルに忠誠を誓う儀式を行った。ウラジーミルはこの時、自分がロマノフ家の他の皇族たちに先だって死んだときには、マリヤが「ロシア帝位の保護者」の地位を引き継ぐと宣言して、一族の大きな反発を買った。これはウラジーミルが自分の直系子孫に帝位請求権を受け継がせるための企みと見なされ、ロマノフ家の3つの分家の当主たちはウラジーミル大公の決定を違法だと非難した。

マリヤは1976年9月22日、プロイセン王子フランツ・ヴィルヘルムと結婚した。フランツ・ヴィルヘルムは正教に改宗してミハイル・パヴロヴィチと名乗り、マリヤの父から「ロシア大公」の称号を授けられた。夫妻は一人息子のゲオルギー・ミハイロヴィチが生まれた翌年の1982年に別居し、1985年に離婚した。フランツ・ヴィルヘルムはロシア名を名乗るのを止め、称号もプロイセン王子に戻した。

マリヤの祖父キリル・ウラジーミロヴィチ大公がロシア皇帝を自称して以後、マリヤの一族は他のロマノフ家の人々からその権利に異議を申し立てられていた。1992年にマリヤの父ウラジーミルが死ぬと、マリヤがロシア帝室家長の座を引き継いだ。しかしこの継承はロマノフ家の人々から反対に遭い、反対派の人々はロマノフ家協会の総裁を務めるニコライ・ロマノヴィチ・ロマノフ公をウラジーミルの後継者とした。ニコライ・ロマノヴィチは、ロシア帝室家内法の男系男子の原則の見地から、後継者となる資格を主張している。

外部リンク[編集]

先代:
ウラジーミル・キリロヴィチ
ロシア帝室家長
1992年 -
次代:
-
推定相続人:ゲオルギー・ミハイロヴィチ
上位:
コンスタンザ・スナイダー
イギリス王位継承順位
継承順位第 112
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
ゲオルギー・ミハイロヴィチ