アレクサンドラ・ニコラエヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
皇女アレクサンドラ、エルミタージュ美術館

アレクサンドラ・ニコラエヴナ (Александра Николаевна/ Alexandra Nikolaevna,1825年6月24日 - 1844年8月10日)は、ロシア大公女ヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセルフリードリヒ2世の曾孫。デンマーク王妃ルイーゼ・フォン・ヘッセン=カッセルの弟)の妃。

ロシア皇帝ニコライ1世と皇后アレクサンドラの三女(第4子)として、サンクトペテルブルクで生まれた。家族からはアディニ(Adini)と呼ばれ、父に一番可愛がられた(他の兄弟はドイツ人の母親似で、彼女は父親似と言われていた)。姉のオリガによれば、利発で可愛らしい少女で、宮廷でも目立っていたという。

1844年1月28日、フリードリヒと結婚。しかし結婚後すぐに肺病にかかり、妊娠もしていたため、サンクトペテルブルクからヘッセンへ行くことができなくなった。アレクサンドラは、同年8月にヴィルヘルムと名付けられた男児(夭折)を生むが、回復することなく没した。両親は、亡くなるまでアレクサンドラの若死にを憂い続けた。アレクサンドラは赤子を抱いたまま一つの棺に納められ、埋葬された。

フリードリヒ・ヴィルヘルムは、10年後に2度目の妃マリア・アンナ・フォン・プロイセン(皇后アレクサンドラ・フョードロヴナの姪)と再婚。6子をもうけ、本流の絶えたヘッセン=カッセル家家長となった。