アレクサンドラ・パヴロヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドラ・パヴロヴナ

アレクサンドラ・パヴロヴナロシア語: Александра Павловна, ラテン文字転写: Alexandra Pavlovna, 1783年8月9日 - 1801年3月16日)は、ロシア大公女オーストリア大公ヨーゼフ・アントンレオポルト2世の八男)の最初の妃。

ロシア皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの長女(第3子)として、サンクトペテルブルクで生まれた。兄にアレクサンドル1世コンスタンチン大公、弟にニコライ1世がいる。

1799年10月30日、ヨーゼフ・アントンとブダ(現在のブダペスト)で結婚。1801年に長女アレクサンドリーネ(夭折)を出産後、死去した。