ロシア大公女・大公妃一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーカヤ・クニャージナロシア語:Великая Княжна)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーカヤ・クニャージナは基本的にはロシア皇帝の男系子孫の女子、および男系男子の配偶者に許される儀礼称号であり、妃殿下(Her Imperial Highness)の敬称と一緒に授けられた。1886年にロシア皇帝アレクサンドル3世が行ったロシア帝室の家内法に関する修正により、この称号を許されるのはロシア皇帝の娘と男系の孫娘、およびロシア大公と正式な条件の下で結婚した妻のみに制限された。ヴェリーカヤ・クニャージナは日本語では「大公女」あるいは「大公妃」に相当し、ロシア皇帝の娘ないし孫娘の場合はロシア大公女を、ロシア大公の正式の妻の場合はロシア大公妃を、それぞれ訳語に充てている。その他、英語では「Grand Duchess」と訳される場合が多いが、「Grand Princess」の方がより正確な訳語と言える。

ロシア大公女[編集]

名前 父親 生年 没年 配偶者 付記
アンナ・ペトロヴナ ピョートル・アレクセーエヴィチ 1708年1月27日 1728年3月4日 ホルシュタイン=ゴットルプ公カール・フリードリヒ
エリザヴェータ・ペトロヴナ ピョートル・アレクセーエヴィチ 1709年12月29日 1762年1月5日 なし 1741年にロシア帝位を継承
ナターリヤ・アレクセーエヴナ アレクセイ・ペトロヴィチ 1714年3月3日 1728年11月3日 なし
アンナ・レオポルドヴナ メクレンブルク=シュヴェリーン公カール・レオポルト 1718年12月18日 1746年3月19日 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公子アントン・ウルリヒ 自ら公称
エカチェリーナ・アントノヴナ ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公子アントン・ウルリヒ 1741年 1807年 なし
アンナ・ペトロヴナ ピョートル・フョードロヴィチ 1757年12月20日 1759年3月19日 なし
アレクサンドラ・パヴロヴナ パーヴェル・ペトロヴィチ 1783年8月9日 1801年3月16日 ハンガリー副王ヨーゼフ・アントン 
エレナ・パヴロヴナ パーヴェル・ペトロヴィチ 1784年12月24日 1803年9月24日 メクレンブルク=シュヴェリーン大公世子フリードリヒ・ルートヴィヒ 
マリア・パヴロヴナ パーヴェル・ペトロヴィチ 1786年2月16日 1859年6月23日 ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・フリードリヒ 
エカチェリーナ・パヴロヴナ パーヴェル・ペトロヴィチ 1788年5月10日 1819年1月9日 オルデンブルク公子ゲオルク
ヴュルテンベルク王ヴィルヘルム1世 
オリガ・パヴロヴナ パーヴェル・ペトロヴィチ 1792年7月22日 1795年1月26日 なし 
アンナ・パヴロヴナ パーヴェル・ペトロヴィチ 1795年1月18日 1865年3月1日 オランダ王ウィレム2世 
マリヤ・アレクサンドロヴナ アレクサンドル・パヴロヴィチ 1799年5月29日 1800年7月8日 なし 
エリザヴェータ・アレクサンドロヴナ アレクサンドル・パヴロヴィチ 1806年11月16日 1808年1月20日 なし 
マリア・ニコラエヴナ ニコライ・パヴロヴィチ 1819年8月18日 1876年2月21日 ロイヒテンベルク公爵マクシミリアン
グリゴリー・ストロガノフ伯爵 
オリガ・ニコラエヴナ ニコライ・パヴロヴィチ 1822年9月11日 1892年10月30日 ヴュルテンベルク王カール1世 
マリヤ・ミハイロヴナ ミハイル・パヴロヴィチ 1825年3月9日 1846年11月19日 なし 
アレクサンドラ・ニコラエヴナ ニコライ・パヴロヴィチ 1825年6月24日 1844年8月10日 ヘッセン=カッセル公子フリードリヒ=ヴィルヘルム 
エリザヴェータ・ニコラエヴナ ニコライ・パヴロヴィチ 1826年6月7日 1829年頃 なし 
エリザヴェータ・ミハイロヴナ ミハイル・パヴロヴィチ 1826年5月26日 1845年1月28日 ナッサウ=ヴァイルブルク公子アドルフ 
エカチェリーナ・ミハイロヴナ ミハイル・パヴロヴィチ 1827年8月28日 1894年5月12日 メクレンブルク公ゲオルク・アウグスト 
アレクサンドラ・ミハイロヴィナ ミハイル・パヴロヴィチ 1831年1月28日 1832年3月27日 なし 
アンナ・ミハイロヴナ ミハイル・パヴロヴィチ 1834年10月27日 1836年3月22日 なし 
アレクサンドラ・アレクサンドロヴナ アレクサンドル・ニコラエヴィチ 1842年8月30日 1849年7月10日 なし 
オリガ・コンスタンチノヴナ コンスタンチン・ニコラエヴィチ 1851年9月3日 1926年6月18日 ギリシア王ゲオルギオス1世 
マリヤ・アレクサンドロヴナ アレクサンドル・ニコラエヴィチ 1853年10月17日 1920年10月24日 ザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレッド 
ヴェラ・コンスタンチノヴナ コンスタンチン・ニコラエヴィチ 1854年2月16日 1912年4月11日 ヴュルテンベルク公オイゲン 
アナスタシヤ・ミハイロヴナ ミハイル・ニコラエヴィチ 1860年7月28日 1922年3月11日 メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ3世  
クセニヤ・アレクサンドロヴナ アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ 1875年4月6日 1960年4月20日 ロシア大公アレクサンドル・ミハイロヴィチ 
エレナ・ウラジーミロヴナ ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ 1882年1月17日 1957年3月13日 ギリシア王子ニコラオス 
オリガ・アレクサンドロヴナ アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ 1882年6月13日 1960年11月24日 オルデンブルク公子ペーター
ニコライ・クリコフスキー 
マリア・パヴロヴナ パーヴェル・アレクサンドロヴィチ 1890年4月18日 1958年12月13日 スウェーデン王子ヴィルヘルム
セルゲイ・プチャーチン公爵 
オリガ・ニコラエヴナ ニコライ・アレクサンドロヴィチ 1895年11月15日 1918年7月17日 なし
タチアナ・ニコラエヴナ ニコライ・アレクサンドロヴィチ 1897年6月10日 1918年7月17日 なし
マリア・ニコラエヴナ ニコライ・アレクサンドロヴィチ 1899年6月26日 1918年7月17日 なし
アナスタシア・ニコラエヴナ ニコライ・アレクサンドロヴィチ 1901年6月18日 1918年7月17日 なし

ロシア大公妃[編集]

名前 配偶者 成婚日 生年 没年 付記
シャルロッテ・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル アレクセイ・ペトロヴィチ 1711年10月25日 1694年8月29日 1715年11月13日  
エカチェリーナ・アレクセーエヴナ
〈ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプスト〉
ピョートル・フョードロヴィチ 1745年9月1日 1729年5月2日 1796年11月17日 1762年1月5日[ユリウス暦1761年12月25日]に夫ピョートル3世の帝位継承に伴い皇后となり、同年7月9日[ユリウス暦6月28日]に自ら帝位を継承
ナターリア・アレクセーエヴナ
〈ヴィルヘルミーネ・ルイーゼ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
パーヴェル・ペトロヴィチ 1773年10月10日 1755年6月25日 1776年4月26日
マリア・フョードロヴナ
〈ゾフィー・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク〉
パーヴェル・ペトロヴィチ 1776年10月7日 1759年10月25日 1828年11月5日 1796年に夫パーヴェル1世の即位に伴い皇后となる
エリザヴェータ・アレクセーエヴナ
〈ルイーゼ・フォン・バーデン〉
アレクサンドル・パヴロヴィチ 1793年10月9日 1779年1月24日 1826年5月16日 1801年に夫アレクサンドル1世の即位に伴い皇后となる
アンナ・フョードロヴナ
〈ユリアーネ・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト〉
コンスタンチン・パヴロヴィチ 1796年2月26日 1781年9月23日 1860年8月15日 1820年に離婚 
アレクサンドラ・フョードロヴナ
〈シャルロッテ・フォン・プロイセン〉
ニコライ・パヴロヴィチ 1817年7月13日 1798年7月13日 1860年11月1日 1825年に夫ニコライ1世の即位に伴い皇后となる
エレナ・パヴロヴナ
〈シャルロッテ・フォン・ヴュルテンベルク〉
ミハイル・パヴロヴィチ 1824年2月19日 1807年1月9日 1873年2月2日  
マリア・アレクサンドロヴナ
〈マリー・フォン・ヘッセン・ダルムシュタット〉
アレクサンドル・ニコラエヴィチ 1841年4月28日 1824年8月8日 1880年6月3日 1855年に夫アレクサンドル2世の即位に伴い皇后となる
アレクサンドラ・イオシフォヴナ
〈アレクサンドラ・フォン・ザクセン=アルテンブルク〉
コンスタンチン・ニコラエヴィチ 1848年9月11日 1830年7月8日 1911年7月6日  
アレクサンドラ・ペトロヴナ
〈アレクサンドラ・ペトロヴナ・オリデンブルクスカヤ〉
ニコライ・ニコラエヴィチ 1856年2月6日 1838年6月2日 1900年4月25日  
オリガ・フョードロヴナ
〈ツェツィーリエ・フォン・バーデン〉
ミハイル・ニコラエヴィチ 1857年8月28日 1839年9月20日 1891年4月21日  
マリア・フョードロヴナ
〈ダウマー・ア・ダンマーク〉
アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ 1866年11月9日 1847年11月26日 1928年10月13日 1881年に夫アレクサンドル3世の即位に伴い皇后となる
マリア・パヴロヴナ
〈マリー・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン〉
ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ 1874年8月28日 1854年5月14日 1920年9月6日  
エリザヴェータ・マヴリキエヴナ
〈エリーザベト・フォン・ザクセン=アルテンブルク〉
コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ 1884年4月27日 1865年1月25日 1927年3月27日  
エリザヴェータ・フョードロヴナ
〈エリーザベト・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット〉
セルゲイ・アレクサンドロヴィチ 1884年6月15日 1864年11月1日 1918年7月17/18日  
アレクサンドラ・ゲオルギエヴナ
〈アレクサンドラ・ティス・エラザス〉
パーヴェル・アレクサンドロヴィチ 1889年6月17日 1870年8月30日 1891年9月24日  
ミリツァ・ニコラエヴナ
〈ミリツァ・ペトロヴィチ=ニェゴシュ〉
ピョートル・ニコラエヴィチ 1889年7月26日 1866年7月26日 1951年9月5日  
アレクサンドラ・フョードロヴナ
〈アリクス・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット〉
ニコライ・アレクサンドロヴィチ 1894年11月26日 1872年6月6日 1918年7月17日 ロシア正教に改宗後は大公妃とされ、1894年にニコライ2世と結婚すると同時に皇后となる
マリア・ゲオルギエヴナ
〈マリア・ティス・エラザス〉
ゲオルギー・ミハイロヴィチ 1900年5月12日 1876年3月3日 1940年12月14日  
ヴィクトリヤ・フョードロヴナ
〈ヴィクトリア・メリタ・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ〉
キリル・ウラジーミロヴィチ 1905年10月8日 1876年11月25日 1936年3月2日  
アナスタシア・ニコラエヴナ
〈スタナ・ペトロヴィチ=ニェゴシュ〉
ニコライ・ニコラエヴィチ 1907年4月29日 1868年1月4日 1929年1月25日  

関連項目[編集]