カール1世 (ヴュルテンベルク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール1世
Karl I.
ヴュルテンベルク王
König Karl von Württemberg Foto.jpg
在位 1864年6月25日 - 1891年10月6日
全名 カール・フリードリヒ・アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク
出生 1823年3月6日
Flagge Königreich Württemberg.svg ヴュルテンベルクシュトゥットガルト
死去 1891年10月6日(満68歳没)
Flagge Königreich Württemberg.svg ヴュルテンベルクシュトゥットガルト
埋葬  
ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト旧城
配偶者 オリガ・ニコラエヴナ・ロマノヴァ
王家 ヴュルテンベルク家
父親 ヴィルヘルム1世
母親 パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルク
テンプレートを表示

カール1世Karl I.1823年3月6日 - 1891年10月6日)は、ヴュルテンベルク王国の第3代国王(在位:1864年 - 1891年)。ヴィルヘルム1世とその三番目の王妃であったパウリーネ1800年 - 1873年)の長男で、全名はカール・フリードリヒ・アレクサンダーKarl Friedrich Alexander)。

カールは1823年3月6日シュトゥットガルトで生まれ、ベルリンテュービンゲンで学んだ。

1846年7月13日、カールはロシア皇帝ニコライ1世の皇女オリガ1822年 - 1892年)と結婚した。

1864年、父王ヴィルヘルム1世の死去を受けて王位に即いた。カール1世の治世中の1871年、ヴュルテンベルク王国はドイツ帝国の構成国の一つとなった。

1891年10月6日、カール1世はシュトゥットガルトで死去した。カールは同性愛者であったといわれており、王妃との間に嗣子はおらず、王位は従兄フリードリヒと姉カタリーナの息子であるヴィルヘルム2世が嗣いだ。

先代:
ヴィルヘルム1世
ヴュルテンベルク
第3代: 1864-1891
次代:
ヴィルヘルム2世