ヴィルヘルム2世 (ヴュルテンベルク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム2世
Wilhelm II.
ヴュルテンベルク王
König Wilhelm II.jpg
在位 1891年10月6日 - 1918年11月30日
出生 1848年2月25日
Flagge Königreich Württemberg.svg ヴュルテンベルクシュトゥットガルト
死去 1921年10月2日(満73歳没)
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svg ドイツテュービンゲンベーベンハウゼン
埋葬  
ドイツの旗 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ルートヴィヒスブルク
推定
相続人
ヴュルテンベルク公アルブレヒト
配偶者 マリー・フォン・ヴァルデック=ピルモント
  シャルロッテ・ツー・シャウムブルク=リッペ
子女 パウリーネ
ウルリッヒ
王家 ヴュルテンベルク家
父親 フリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルク
母親 カタリーナ・フォン・ヴュルテンベルク
テンプレートを表示

ヴィルヘルム2世Wilhelm II., 1848年2月25日 - 1921年10月2日)は、ヴュルテンベルク王国の第4代国王(在位:1891年 - 1918年)。ヴュルテンベルク王子フリードリヒフリードリヒ1世の孫、1808年 - 1870年)とその妻であったヴィルヘルム1世の王女カタリーナの息子。

1848年2月25日シュトゥットガルトに生まれた。1877年2月15日にヴィルヘルムはアロルセン(現バート・アロルセン)でマリー・フォン・ヴァルデック=ピルモント1857年 - 1882年)と結婚し、彼女との間には後に一人娘のパウリーネ1877年 - 1965年、ヴィート侯フリードリヒと結婚)が生まれた。次いでマリーと死別した後の1886年4月8日ビュッケブルクシャルロッテ・ツー・シャウムブルク=リッペ1864年 - 1946年)と再婚した。

1891年、嗣子がなかったカール1世の死去をうけて王位に即いた。カール1世は、女系で見るとヴィルヘルム2世の叔父に、男系で見ると父の従弟(いとこ違い)にあたる。

1916年7月23日、ヴィルヘルム2世は陸軍元帥に任官した。1918年ドイツ帝国の崩壊により、皇帝や諸王たちとともに退位した。そして1921年10月2日、隠棲先のベーベンハウゼンで死去した。

先代:
カール1世
ヴュルテンベルク
1891年 - 1918年
次代:
王政廃止
先代:
王制廃止
〈名目上〉ヴュルテンベルク
ヴュルテンベルク家家長
1918年 - 1921年
次代:
アルブレヒト