クセニア・アレクサンドロヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クセニア・アレクサンドロヴナ
母のマリアと(1890年代)

クセニア・アレクサンドロヴナ(クセーニヤ・アレクサーンドロヴナ;ロシア語Ксения Александровна クスィェーニヤ・アリクサーンドラヴナ1875年4月6日1960年4月20日)はロシア皇帝アレクサンドル3世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇女。ロシア大公女。兄にロシア皇帝ニコライ2世がいる。

1894年に、ニコライ1世の末子ミハイル・ニコラエヴィチの子で、父の従弟に当たるアレクサンドル・ミハイロヴィチ大公と結婚した。1917年ロシア革命が勃発するとクセニア一家はクリミアに母マリア皇太后や妹オリガ一家と共に幽閉されたが、母方の伯母であるイギリス国王ジョージ5世の母アレクサンドラが救出に奔走し、ジョージ5世が差し向けた戦艦マールバラによって救出され、イギリスに亡命した。

子女[編集]

関連項目[編集]