ヘルマン・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公子ヘルマン

ヘルマン・ベルンハルト・ゲオルク・フォン・ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハHermann Bernhard Georg von Sachsen-Weimar-Eisenach, 1825年8月4日 アルテンシュタイン城 - 1901年8月31日 ベルヒテスガーデン)は、ドイツザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ家の大公子で、ヴュルテンベルク王国の将軍。

ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公カール・アウグストの末息子カール・ベルンハルトと、その妻でザクセン=マイニンゲンゲオルク1世の娘イーダの間の三男として生まれた。イギリス王妃アデレードの甥にあたる。1840年にヴュルテンベルク軍に入隊し[1]、陸軍少将となり、1859年よりヴュルテンベルク軍騎兵師団の師団長に就任した。アレクサンドル・ネフスキー勲章白鷹勲章聖イシュトヴァーン勲章ヴュルテンベルク王冠勲章を受章した。シュトゥットガルトのヴァイマル通り(Weimarstraße)はヘルマンの家名に因んで名づけられたものである[2]。1901年に亡くなり、シュトゥットガルトのプラーグ墓地(Pragfriedhof)に葬られた。

子女[編集]

1851年6月17日にフリードリヒスハーフェンにおいて、ヴュルテンベルク王ヴィルヘルム1世の娘アウグステと結婚し、間に2男4女の6人の子女をもうけた。

  • パウリーネ・イーダ・マリー・オルガ・ヘンリエッテ・カタリーナ(1852年 - 1904年) - 1873年、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公世子カール・アウグストと結婚
  • ヴィルヘルム・カール・ベルンハルト・ヘルマン(1853年 - 1924年) - 1885年、イーゼンブルク=ビューディンゲン=ヴェヒタースバッハ侯女ゲルタと結婚
  • ベルンハルト・ヴィルヘルム・ゲオルク・ヘルマン(1855年 - 1907年) - 1900年にMarie Luise Brockmüllerと貴賤結婚、1905年にエリーザベト・フォン・デア・シューレンブルク伯爵夫人と再婚
  • アレクサンダー・ヴィルヘルム・ベルンハルト・カール・ヘルマン(1857年 - 1891年)
  • エルンスト・カール・ヴィルヘルム(1859年 - 1909年)
  • オルガ・マリー・イーダ・ゾフィー・パウリーネ・アウグステ(1869年 - 1924年) - 1902年、イーゼンブルク=ビューディンゲン=ビルシュタイン侯子レオポルトと結婚

参考文献[編集]

  • Staatshandbuch für das Großherzogtum Sachsen-Weimar-Eisenach, Weimar 1864, S. 6 (Digitalisat)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ R. Starklof: Das Leben des Herzogs Bernhard von Sachsen-Weimar-Eisenach, Band 2, Gotha 1866, S. 74
  2. ^ Titus Häussermann: Die Stuttgarter Straßennamen, Silberburg-Verlag, 2003, S. 610