ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ
Владимир Александрович
ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
Vladimir Alexandrovich 1890s.jpg
ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ(1890年代)
全名 ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ
身位 ロシア大公
出生 1847年4月22日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
サンクトペテルブルク
死去 1909年2月17日(満61歳没)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
サンクトペテルブルク
配偶者 マリア・パヴロヴナ
子女 アレクサンドル・ウラジーミロヴィチ大公
キリル・ウラジーミロヴィチ大公
ボリス・ウラジーミロヴィチ大公
アンドレイ・ウラジーミロヴィチ大公
エレナ・ウラジーミロヴナ大公女
父親 アレクサンドル2世
母親 マリア・アレクサンドロヴナ
宗教 ロシア正教会
テンプレートを表示

ウラジーミル・アレクサンドロヴィチロシア語表記:Владимир Александрович, 1847年4月22日 - 1909年2月17日) は、ロシア大公ロシア皇帝アレクサンドル2世の三男で、アレクサンドル3世の弟である。母は皇后マリア・アレクサンドロヴナ

子女[編集]

1874年にメクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世の娘マリー・アレクサンドリーネと結婚し、5人の子女をもうけた。