フリードリヒ・フランツ2世 (メクレンブルク=シュヴェリーン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリヒ・フランツ2世

フリードリヒ・フランツ2世Friedrich Franz II., 1823年2月28日 - 1883年4月15日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公国大公(在位:1842年1883年)。メクレンブルク=シュヴェリーン大公パウル・フリードリヒの長男。

1823年2月28日、パウル・フリードリヒ(当時世子)とその妃であったプロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王女アレクサンドリーネ(1803年 - 1892年)の間に第一子としてルートヴィヒスルストメクレンブルク=フォアポンメルン州ルートヴィヒスルスト郡)で生まれた。はじめは曾祖父のフリードリヒ・フランツ1世の宮廷で育てられた。1837年に父が大公位を嗣ぐと、彼は初めドレスデンで、ついでボンで学んだ。オランダイタリア旅行中の1842年に父が倒れたため急遽帰国し、3月7日の父の死去により大公位に即いた。

フリードリヒ・フランツ2世は1883年4月15日シュヴェリーンで死去し、長男のフリードリヒ・フランツ3世が大公位を嗣いだ。

子女[編集]

フリードリヒ・フランツ2世は生涯に3度結婚している。最初の妃であるロイス=ケストリッツ侯子ハインリヒ63世の娘アウグステ(1822年 - 1862年)とは1849年11月3日にルートヴィヒスルストで結婚し、以下の5男1女をもうけた。

アウグステと死別した後の1864年7月4日、フリードリヒ・フランツ2世はヘッセン大公子カールの娘アンナ(1843年 - 1865年)とダルムシュタットで結婚した。彼女との間には以下の一女をもうけた。

  • アンネ・エリーザベト・アウグステ・アレクサンドリーネ(1865年 - 1882年)

アンネと死別すると、フリードリヒ・フランツ2世は1868年7月4日ルードルシュタットテューリンゲン州ザールフェルト=ルードルシュタット郡)でシュヴァルツブルク=ルードルシュタット侯子アドルフの娘マリー(1850年 - 1922年)と結婚した。最後の妃であった彼女との間には以下の三男一女をもうけた。

先代:
パウル・フリードリヒ
メクレンブルク[=シュヴェリーン]大公
1842年1883年
次代:
フリードリヒ・フランツ3世