ニコライ・ニコラエヴィチ (1856-1929)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・ニコラエヴィチ大公

ニコライ・ニコラエヴィチロシア語: Никола́й Никола́евич, 1856年11月6日 - 1929年1月5日)は、ロシアの皇族、ロシア大公。皇帝ニコライ1世の孫。第1次世界大戦開戦時にロシア帝国軍最高司令官を務めてドイツおよびオーストリア=ハンガリーとの戦いを指揮したが、1915年に解任され、その後はカフカース方面軍の司令官を務めた。騎兵大将。

生涯[編集]

ニコライ大公はロシア皇帝ニコライ1世の三男ニコライ・ニコラエヴィチ大公と、その妻アレクサンドラ・ペトロヴナ大公妃との間に生まれた。ニコライは父と名前および父称が全く同じであるため、息子のニコライには「若い」を意味するムラーチー(Младший)を付け、父のニコライには「年長」を意味するスタールシー(Старший)を付けて区別する場合がある。父大公も軍人であり、1877年の露土戦争では元帥としてドナウ川方面での戦いを指揮した。

また、ニコライはロシア皇帝ニコライ2世の同族の従叔父にあたった。皇帝一族はこの2人をも区別するため、ニコライ大公を「ニコラーシャ」と呼び、皇帝の方を「ニッキー」と呼んでいた。またニコライ大公は長身で、小柄なニコライ2世とは非常に身長差があったため、前者を「背の高いニコライ」、後者を「背の低いニコライ」と呼んで区別する場合もあった。

軍歴、政治的役割[編集]

ニコライは、ニコライ工兵学校で学び、1873年に任官した。1876年、ニコライ参謀本部アカデミーを卒業。1877年に始まった露土戦争では総司令官を務める父の参謀を務めた。ニコライはこの戦争で2度戦功を立て、四等聖ゲオルギー勲章と金製武器を授与されている。1878年、近衛驃騎兵連隊に配属され、中隊長、大隊長を務め、1884年には連隊長に任じられた。ニコライは軍人として順調に出世、1890年11月に第2親衛騎兵師団第2旅団長、同年12月に師団長となった。大公は気骨のある司令官と評価され、また麾下の軍隊の尊敬を集めてもいた。彼は戦闘における指揮官というよりは兵士の訓練教官に向いた性格だった。

ニコライは非常に信心深い人物であり、朝でも夜でも食前食後は祈りを欠かすことが無かった。田舎にいるのが大好きで、自分の領地の管理をしたり狩猟をするのを趣味にしていた。また穏健派ではあったが、汎スラヴ主義を奉じる国粋主義者だった。

1895年、ニコライは騎兵総監を務めることになり、以後10年間この職務にあった。騎兵総監の地位にあるあいだ、ニコライは将兵の訓練と騎兵学校の改革を行い、騎兵と騎馬をより効率よく供給・確保するよう努めて、成功をおさめることが出来た。ニコライ大公は日露戦争では司令官の地位を与えられなかったが、これには皇帝ニコライ2世の思惑があった。皇帝はもし皇族を司令官として敗北した場合にロシア帝室の威信が傷つけられるのを避けようとしたのと、国内情勢が不安な時に、忠誠心厚い将軍をそばに置いておきたいと考えたのだった。このため、ニコライ大公は戦場で采配を振る機会を逸した。1905年6月、陸軍と海軍の活動を調整する国家防衛会議(1908年7月に解散)議長に就任し、参謀本部軍事省からの分離を実現した。

ニコライ大公は1905年のロシア第一革命では極めて重要な役割を果たすことになった。無政府状態が拡大し、ロマノフ王朝の未来が風前のともしびとなりつつある中で、皇帝ニコライ2世はセルゲイ・ヴィッテ伯爵の提案する立憲君主政体への改革案を受け入れるか、軍事独裁体制をしくかの選択を迫られた。大公は皇帝が軍事独裁のクーデタを起こす場合でも、軍隊の忠誠を皇帝につなぎ止めておける唯一の人物であった。皇帝は後者の選択肢を選び、ニコライ大公に軍事独裁官の地位を与えようとした。しかしニコライ大公は独裁官に就任するのを拒否し、おもむろにピストルを取り出すと自分のこめかみに銃口をあて、もしヴィッテ伯爵の改革案を了承しないのならば、この場で自殺すると皇帝を脅したのである。大公の脅しに動揺したニコライ2世は、立憲君主制への改革に踏み出すことを決意した。

1905年から第1次大戦開始まで、ニコライ大公は、親衛隊とサンクトペテルブルク軍管区の総司令官を務めていた。大公は低い出自の者でも分け隔てなく高い地位に取り立てたので、評判を高めた。敗北に終わった日露戦争の屈辱を、大公は自分の部下たちにしっかりと覚えておかせた。

1907年、ニコライ大公はモンテネグロ王ニコラ1世の娘アナスタシヤ・ニコラエヴナと結婚した。アナスタシヤはニコライ大公自身の弟ピョートル大公の妻ミリツァ・ニコラエヴナ大公妃の妹で、ロイヒテンベルク公爵と離婚したばかりだった。この結婚は幸福なものとなった。大公夫妻はどちらも非常に敬虔な正教徒であり、また二人とも神秘主義に傾倒していた。アナスタシヤは出身国モンテネグロの反トルコ感情の強い環境で育ったためか、極端なスラヴ民族主義者であり、このことは大公の汎スラヴ主義志向にますます拍車をかけた。大公夫妻には子供はいなかった。

第1次世界大戦[編集]

皇帝ニコライ2世とニコライ大公、最前列にいる人物が皇帝、中央の最も背の高い人物がニコライ大公、1913年

第1次世界大戦に向けた作戦計画と戦争準備はウラジーミル・スホムリノフとその幕僚たちの責任のもとで行われていたため、ニコライ大公はこの時点では何の役割も担っていなかった。第1次大戦がいよいよ始まる段になって、自分が最高司令官を務める気でいたニコライ2世は、やめてほしいという大臣たちの懇願に根負けし、1914年7月20日、従叔父のニコライ・ニコラエヴィチ大公を帝国軍最高司令官に任じた。ニコライ大公は57歳になっていたが、まだ戦場で総司令官として采配を振ったことは一度もなかった。彼は自分がこれまで一度も率いたことのない規模の巨大な軍隊を統率する責務を負わされた。

ニコライ大公はドイツ、オーストリア=ハンガリー、トルコなど中央同盟国と戦う全ロシア帝国軍の最高責任者だった。大戦開始直後から、ニコライ大公は苦戦を強いられた。タンネンベルクの戦いでは、第1軍と第2軍との連携がうまくいかなかったために、壊滅的な敗北を喫した。一方で続いて起きたヴィスワ川の戦い英語版ウッチの戦い英語版では、ロシア軍が勝利を得た。大勢のロシア将軍たちが様々な作戦プランを決めていく場において、ニコライ大公の役割は限られたものとなった。大公とその参謀からは勝利する公算の大きそうな、首尾一貫した作戦計画が出されることはなかったが、大公は個人のレベルでは将官にも一般兵士にも好かれていた。

ニコライ大公は軍事指導者というより官僚に近い性格だったようで、幅広く戦略的な視点や巨大なロシア全軍を率いる者に求められる冷酷さを持ち合わせていなかった。彼の司令部は、沢山の敗北を喫し大勢の戦死者を出しているにもかかわらず、戦時とは思えないほど平穏な雰囲気であった。このまま大公に任せてもロシア軍の苦境は好転しないと考えたらしい皇帝は、自ら戦争の最高責任者を引き受けようと決意した。1915年3月22日、大公はプシェムィシル攻囲戦英語版に勝利して二等聖ゲオルギー勲章を授与された。しかしその5か月後の8月21日、ロシア軍が戦略的撤退を行った際に、皇帝は(皇帝一家の精神的支柱となっていたグリゴリー・ラスプーチンの助言を受けて)大公を解任し自ら最高司令官に就任した。

大公は最高司令官職を解かれてまもなく、カフカース地方の総司令官および副王に任じられた(それまでこの地域で采配を振っていたのはイラリオン・ヴォロンツォフ=ダーシュコフ伯爵だった)。公式にはニコライ大公が総司令官だったものの、オスマン帝国との戦いを担うカフカース方面軍を実質的に指揮していたのはニコライ・ユデーニチ将軍であった。大公の総司令官在職中に、カフカース方面のロシア軍は遠征軍を派遣し、遠征軍はペルシアを通過して南側にいたイギリス軍と合流した。1916年、ロシア軍はエルズルムの戦い英語版に勝利してエルズルム要塞、トレビゾンド港、エルズィンジャンを占拠した。トルコ軍はさらに攻勢をかけ、両軍はヴァン湖周辺で一進一退を繰り返したが、決着はつかなかった。

1917年、ニコライ大公はロシア領グルジアから占領地域まで鉄道を敷設し、人員物資の補給ルートを万全にしてさらなる攻勢をかけようとした。しかし1917年3月に皇帝ニコライ2世が退位すると、ロシア帝国軍は徐々に解体し始めた。

帝政崩壊後[編集]

老境のニコライ大公

2月革命の発生時、ニコライ大公は任地のカフカースにいた。大公は退位直前の皇帝が最後に行った決定により、ロシア帝国軍最高司令官に復帰を命じられたため、大本営のおかれたモギリョフに現れた。しかし大公が到着して24時間も経たないうちに、臨時政府首班のゲオルギー・リヴォフ公爵はニコライ大公を解任した。ニコライは解任後の2年間をクリミアで過ごしたが、自宅軟禁を政府から命じられていた時期もあったため、クリミアで政治的役割を果たすことはほぼ無かった。一時は南ロシアで活動していた白軍の総司令官にニコライ大公を推す声も挙がったが、アントーン・デニーキンを始めとする白軍の指導者たちは、もし元皇族を最高司令官に推戴すれば、白軍内の左派勢力が離反しかねないと心配していたため、ニコライの復帰は実現しなかった。赤軍がクリミアに迫ってきた1919年4月、ニコライは妻アナスタシヤを伴い、弟一家とともにイギリスの戦艦「マールバラ」号に乗り込んでロシアを脱出した。

1922年8月8日、ニコライはアムール地方を支配していたミハイル・ディテリフス将軍の開催したゼムスキー・ソボルにより、「全ロシアの皇帝」に推戴された。もっとも、ニコライは3年前に出国していたためその場には居合わせなかった。その2カ月後、アムール地方は赤軍に制圧された。

ニコライは義弟のイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の賓客としてジェノヴァにしばらく身を置いた後、妻を連れてパリ郊外にある小さな城館に移り住んだ。彼はフランスの秘密警察の保護下に置かれており、また信頼のおける何人かのコサック退役兵も大公の身辺を警護していた。ニコライ大公は反ソヴィエトの君主制支持運動の中心人物であり、ピョートル・ヴラーンゲリとともにロシア全軍連合を率いていた。全軍連合はソヴィエト・ロシアに諜報員を送り込むことを計画し、実際に何人かのスパイを送り込むことに成功したが、この任務を引き受けたイギリス人の有名スパイ、シドニー・ライリーは後にソヴィエトに摘発されて処刑された。ソヴィエト秘密警察の幹部たちは報復にニコライ大公を誘拐しようと試みたが、この作戦は失敗に終わった。1927年には、君主制支持者組織はモスクワのルビャンカ刑務所に爆弾を仕掛けることにも成功した。

ニコライ大公は1929年1月5日、避寒のために訪れていた南仏のリヴィエラで、老衰のために亡くなった。

参考文献[編集]

  • "A Peace To End All Peace", David Fromkin, Avon Books, New York, 1990
  • "The Flight Of The Romanovs, A Family Saga", John Curtis Perry and Constantine Pleshakov, Basic Books, New York, 1999
  • "Encyclopaedia Britannica", Vol. 16, pp. 420–421, Chicago, 1958
  • " A People's Tragedy, The Russian Revolution 1891-1924", Orlando Figes, Pilmico, London, 1997