フリードリヒ・ルードヴィヒ・ツー・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク公子フリードリヒ

フリードリヒ・ルードヴィヒ・ツー・メクレンブルクドイツ語Friedrich Ludwig zu Mecklenburg, 1778年6月13日 - 1819年11月29日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ1世の長子。父より先に亡くなったため、大公位を継承できなかった。1815年、メクレンブルク=シュヴェリーンへ攻め込んだナポレオン軍に抵抗し、将軍として指揮を執った。

メクレンブルク公子であったフリードリヒ・フランツと、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公女ルイーゼの第一子として、ルードヴィヒスルストで生まれた。1785年、父の公位継承によって継承予定者となった。ウィーン会議ロシア皇帝アレクサンドル1世の同盟者となったために、メクレンブルク=シュヴェリーンは大公国に昇格した。

わずか41歳で亡くなり、政治に関わることが少なかったために、フリードリヒ・ルードヴィヒの肖像画は非常に少なく、長い間忘れられていた。フリードリヒ・ルードヴィヒは1819年に亡くなり、かつてロシア正教会の礼拝堂であったエレナ・パヴロヴナ霊廟(ルードヴィヒスルスト)に埋葬されている。

家族[編集]

1799年10月サンクトペテルブルクでロシア大公女エレナ・パヴロヴナと結婚した。1803年に急逝したエレナとの間には2子が生まれた。

1808年、愛妾ルイーゼ・アーレンスとの間に庶子フリードリヒ・カール・プリュショウをもうけた。

1810年7月ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公女カロリーネ・ルイーゼと結婚した。カロリーネ・ルイーゼとの間に3子をもうけた。

  • アルベルト(1812年 - 1834年)
  • ヘレーネ(1814年 - 1858年)
  • マグヌス(1815年-1816年)

1816年にカロリーネ・ルイーゼと死別後、1818年4月にアウグステ・フォン・ヘッセン=ホンブルクと結婚した。子供はいなかった。