パウル・フリードリヒ (メクレンブルク=シュヴェリーン大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パウル・フリードリヒ

パウル・フリードリヒ(Paul Friedrich, 1800年9月15日 - 1842年3月7日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン大公国大公(在位:1837年 - 1842年)。メクレンブルク=シュヴェリーン大公の太子であったフリードリヒ・ルードヴィヒ(1778年 - 1819年)の長男。

パウル・フリードリヒは1800年9月15日フリードリヒ・フランツ1世の長男フリードリヒ・ルートヴィヒとその最初の妃であったロシア皇帝パーヴェル1世の皇女エレナ・パヴロヴナ(1784年 - 1803年)の間に第一子としてルートヴィヒスルストメクレンブルク=フォアポンメルン州ルートヴィヒスルスト郡)で生まれた。1814年から1818年までジュネーヴ大学で、次いでイェーナ大学ロストック大学で教育を受けた。1819年に父フリードリヒ・ルートヴィヒが死去すると大公位の法定推定相続人となり、1837年に祖父フリードリヒ・フランツ1世が死去すると大公位に即いた。

パウル・フリードリヒは首都をルートヴィヒスルストからシュヴェリーンへ70年ぶりに戻し、またインフラストラクチャーの整備と司法制度の近代化に取り組んだ。住居となるシュヴェリーン城の再建計画も立てたが、彼が施工前に歿したためこれは実施されなかった。

1842年3月7日にパウル・フリードリヒはシュヴェリーンで死去し、長男のフリードリヒ・フランツ2世が大公位を嗣いだ。遺体はシュヴェリーン大聖堂に葬られた。

子女[編集]

パウル・フリードリヒは1822年5月22日ベルリンプロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王女アレクサンドリーネと結婚した。彼女との間には以下の二男一女をもうけた。

先代:
フリードリヒ・フランツ1世
メクレンブルク[=シュヴェリーン]大公
1837 - 1842
次代:
フリードリヒ・フランツ2世