フェルディナン・フィリップ (オルレアン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナン・フィリップ
Ferdinand Philippe
ブルボン=オルレアン家
Orleans, Ferdinand-Philippe d'.JPG
『オルレアン公の肖像』(ドミニク・アングル画、1842年)
称号 シャルトル公
オルレアン公
プランス・ロワイヤル
全名
出生 1810年9月3日
Bandiera del Regno di Sicilia 4.svg シチリア王国パレルモノルマンニ宮殿
死去 1842年7月13日(満31歳没)
フランスの旗 フランス王国ヌイイ=シュル=セーヌ、サブロンヴィル
埋葬 1842年7月16日
フランスの旗 フランス王国ドルー、ドルー王室礼拝堂
配偶者 エレーヌ・ド・メクランブール=シュウェラン
子女 フィリップ
ロベール
父親 ルイ・フィリップ1世
母親 マリー・アメリー・ド・ブルボン
テンプレートを表示

フェルディナン・フィリップ・ドルレアンフランス語: Ferdinand Philippe d'Orléans, 1810年9月3日 - 1842年7月13日)は、フランスルイ・フィリップ1世の第1王子、オルレアン公

生涯[編集]

亡命中だったオルレアン家当主ルイ・フィリップ3世の長男としてシチリアパレルモで生まれた。母マリー・アメリーシチリア王フェルディナンド3世(後の両シチリアフェルディナンド1世)の王女で、1809年にルイ・フィリップと結婚していた。

誕生時にシャルトル公の称号を授けられたが、父のフランス王即位によりオルレアン公の称号を継承した。

メクレンブルク=シュヴェリーン公子フリードリヒの娘ヘレーネ・ルイーゼ・エリーザベト(エレーヌ)と結婚し、2子をもうけた。

父王在位中の1842年、馬車の事故により32歳の若さで死去した。

先代:
ルイ・フィリップ3世
オルレアン公
1830年 - 1842年
次代:
ルイ・フィリップ4世