ナターリア・アレクセーエヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナターリア・アレクセーエヴナ

ナターリア・アレクセーエヴナНаталья Алексеевна, 1755年6月25日 - 1776年4月26日)は、ロシア皇帝パーヴェル1世の最初の妃。パーヴェルが皇帝に即位する前に死別したので、皇后にはならなかった。ロシア大公妃の称号で呼ばれた。ドイツ語名ヴィルヘルミーネ・ルイーザ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット(Wilhelmine Luisa von Hessen-Darmstadt)。

ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世と妃ヘンリエッテ・カロリーネ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケンプファルツヴィッテルスバッハ家傍系出身)の第5子として、プレンツラウ(現在のブランデンブルク州の町)で生まれた。

1773年10月10日、パーヴェル大公と結婚した。結婚にあたっては正教に改宗し、ナターリア・アレクセーエヴナと改名した。ナターリアは1776年4月にサンクトペテルブルクで第一子を死産し、自身も体調を崩して急逝した。