アレクサンドラ・イオシフォヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヴィンターハルター画)

アレクサンドラ・イオシフォヴナヨシフォヴナとも、Александра Иосифовна / Alexandra Iosifovna, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。

ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフと妃アマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。

1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。