マリア・ゲオルギエヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・ゲオルギエヴナ大公妃

マリア・ゲオルギエヴナロシア語: Мария Георгиевнаギリシア語: Μαρία της Ελλάδας1876年3月3日 - 1940年12月14日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公(ニコライ1世の孫)の妻。

ギリシャゲオルギオス1世と王妃オルガの次女として、アテネで生まれた。1900年、ケルキラ島でゲオルギーと結婚した。当初からゲオルギーとの結婚に乗り気でなかったマリアは、子供たちが成長するにつれ、夫をロシアに残し、健康のためと称して国外で過ごすようになった。第一次世界大戦中はイギリスに滞在し、ロシアへ戻らなかった。

1919年、ゲオルギーがボリシェヴィキに殺害され、マリアは未亡人となった。3年後の1922年、ヴィースバーデンで、ギリシャ人提督ペリクレス・イオアンニディスと再婚した。ギリシャ・イタリア戦争の最中である1940年、アテネで没した。

子女[編集]