アレクサンドラ・ペトロヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドラ・ペトロヴナ大公妃

アレクサンドラ・ペトロヴナ(Александра Петровна / Alexandra Petrovna, 1838年6月2日 - 1900年4月25日)は、ロシア皇族ロシア大公妃ニコライ1世の三男ニコライ大公の妃。

オルデンブルク大公国公子の称号を持つロシア貴族のピョートル・ゲオルギエヴィチ・オリデンブルクスキー公爵と、その妻テレーゼ・フォン・ナッサウルクセンブルク大公アドルフの同母姉)の娘として、サンクトペテルブルクで生まれた。ドイツ語名はアレクサンドリーネ・フリーデリケ・ヴィルヘルミーネ(Alexandrine Friederike Wilhelmine)。父方の祖母はエカテリーナ・パヴロヴナで、父ピョートルはニコライ1世の甥にあたる。1856年2月5日、ニコライ大公と結婚して2人の息子をもうけたが、夫婦関係は早くに破綻した。1900年、アレクサンドラはキエフで没した。

子女[編集]