ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃

ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。

ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。

子女[編集]

1817年4月24日、ヨーゼフはヴュルテンベルク公ルートヴィヒの娘アマーリエと結婚し、間に6人の娘をもうけた。


先代:
フリードリヒ
ザクセン=アルテンブルク公
1834年 - 1848年
次代:
ゲオルク