カール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール2世(1800年頃)

カール2世Karl II., 1741年10月10日 - 1816年11月6日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国の初代大公(在位:1816年)。初めはメクレンブルク=シュトレーリッツ公(在位:1794年 - 1816年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒKarl Ludwig Friedrich)。メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カールの次男。

1741年10月10日、アドルフ・フリードリヒ2世の次男カールとその妻であったザクセン=ヒルトブルクハウゼンエルンスト・フリードリヒ1世の娘エリーザベト・アルベルティーネ(1713年 - 1761年)の間に第6子としてミローメクレンブルク=フォアポンメルン州メクレンブルク=シュトレーリッツ郡)で生まれた。

初めハノーファー選帝侯国の陸軍に仕官し、中将Generalleutnant)に任じられていた。妹シャルロッテ(英語名 シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ)がイギリスジョージ3世(ハノーファー選帝侯ゲオルク3世)と結婚すると、義弟によってハノーファーの総督に任命された。

アドルフ・フリードリヒ2世の後を嗣いだ伯父アドルフ・フリードリヒ3世が男子のないまま1752年に歿すると、カールの兄アドルフ・フリードリヒ4世が公位を嗣いだ。アドルフ・フリードリヒ4世も子供に恵まれないまま1794年に死去したため、カールが公位に即いた。

治世中、カール2世は農業技術の発展に努め、警察組織を設立し、義務教育を導入した。1806年にはライン同盟に加盟し、ウィーン会議の決定によって彼の公国は大公国となった。1816年11月6日にノイシュトレリッツメクレンブルク=フォアポンメルン州メクレンブルク=シュトレリッツ郡)で死去し、成人した最年長の息子であるゲオルクが大公位を嗣いだ。

子女[編集]

カール2世は生涯に2度結婚している。最初の妃であるヘッセン=ダルムシュタット方伯子ゲオルク・ヴィルヘルムの娘フリーデリケ・カロリーネ・ルイーゼ(1752年 - 1782年)とは1768年9月18日ダルムシュタットで結婚し、彼女との間に以下の4男6女をもうけた。

フリーデリケと死別すると、カール2世は彼女の妹であるシャルロッテ(1755年 - 1785年)と結婚した。後妻との間には以下の1男をもうけた。

先代:
アドルフ・フリードリヒ4世
メクレンブルク[=シュトレーリッツ]公
1794年 - 1816年
次代:
(大公へ陞格)
先代:
メクレンブルク=シュトレーリッツ大公
1816年
次代:
ゲオルク