フリーデリケ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット (1752-1782)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク公爵夫人フリーデリケ

フリーデリケ・カロリーネ・ルイーゼ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットFriederike Caroline Luise von Hessen-Darmstadt, 1752年8月20日 ダルムシュタット - 1782年5月22日 ハノーファー)は、ドイツヘッセン=ダルムシュタット方伯家の侯女で、メクレンブルク=シュトレーリッツ公(のちに大公)カール2世の最初の妻。

ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の弟ゲオルク・ヴィルヘルムと、ライニンゲン=ダークスブルク=ファルケンブルク伯クリスティアン・カール・ラインハルトの娘でブロイヒ(Herrschaft Broich)の女領主であるルイーゼの間の長女として生まれた。

1768年9月18日、メクレンブルク=シュトレーリッツ公アドルフ・フリードリヒ4世の弟で、当時はハノーファー選帝侯領の総督を務めていたカールと結婚した。夫との間に10人の子供をもうけた後、29歳で早世した。夫はフリーデリケの死後、その妹シャルロッテを後妻に迎えている。

子女[編集]

参考文献[編集]