ゲオルク (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

ゲオルクGeorg, 1779年8月12日 - 1860年9月6日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国大公(在位:1816年 - 1860年)。カール2世の三男。全名はゲオルク・フリードリヒ・カール・ヨーゼフGeorg Friedrich Karl Joseph)。

ゲオルクは1779年8月12日、メクレンブルク=シュトレーリッツ公カール2世とその最初の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯子ゲオルク・ヴィルヘルムの娘フリーデリケ・カロリーネ・ルイーゼ(1752年 - 1782年)の間に第八子としてハノーファーで生まれた。

1806年には、父の名代としてフランス皇帝ナポレオン1世との交渉にあたり、メクレンブルク=シュトレーリッツのライン同盟参加に合意した。ナポレオン没落後のウィーン会議にも参加し、ここでは義兄フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の支持もあってメクレンブルク=シュトレーリッツは大公国へと陞格した。

1816年11月6日にカール2世が歿すると、ゲオルクは大公位に即いた。彼の治世、宮殿の改修や教育制度の改善、農奴の解放などが進んだ。しかしゲオルクは自由主義に対して終始否定的であり、1849年憲法も拒否している。

1860年9月6日、ゲオルクはノイシュトレリッツ近郊のシュヴァイツァーハウス(ブランデンブルク州)で死去した。大公位は長男のフリードリヒ・ヴィルヘルムが嗣いだ。

子女[編集]

ゲオルクは1817年8月12日にヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ3世の娘マリー(1796年 - 1886年)とカッセルで結婚した。彼女との間には以下の二男二女をもうけた。

先代:
カール2世
メクレンブルク[=シュトレーリッツ]大公
1816 - 1860
次代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム