シャルロッテ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メクレンブルク公爵夫人シャルロッテ

シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ・クリスティーネ・マリー・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットCharlotte Wilhelmine Christiane Marie von Hessen-Darmstadt, 1755年11月5日 ダルムシュタット - 1785年12月12日 ハノーファー)は、ドイツヘッセン=ダルムシュタット方伯家の侯女で、メクレンブルク=シュトレーリッツ公(のちに大公)カール2世の2番目の妻。

ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の弟ゲオルク・ヴィルヘルムと、ライニンゲン=ダークスブルク=ファルケンブルク伯クリスティアン・カール・ラインハルトの娘でブロイヒ(Herrschaft Broich)の女領主であるルイーゼの間の次女として生まれた。

オルデンブルク公ヴィルヘルムと相思相愛となり、婚約にまでこぎ着けたが、ヴィルヘルムが精神を病んだため婚約は解消された。1782年に姉のフリーデリケが亡くなった後、1784年にフリーデリケの寡夫で、ハノーファー選帝侯領の総督であるメクレンブルク公カールと結婚し、姉の遺児たちを継母として世話することになった。

1785年、長男を出産した際に産褥死した。夫のカールは子供たちの世話を姑のルイーゼに頼むため、総督職を辞してダルムシュタットに移った。

子女[編集]

参考文献[編集]