フリーデリケ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロイセン王妃フリーデリケ・ルイーゼ

フリーデリケ・ルイーゼ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット(Friederike Luise von Hessen-Darmstadt, 1751年10月16日 - 1805年8月14日)は、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の2番目の妻で王妃。

ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世と妃ヘンリエッテ・カロリーネの次女として生まれる。伯父フリードリヒ2世の王太子に立てられていたフリードリヒ・ヴィルヘルムは、従妹であるブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家エリーザベト・クリスティーネと結婚して1女をもうけていたが、1769年に離婚し、同年のうちにフリーデリケと再婚した。

2人の間にはフリードリヒ・ヴィルヘルム3世ら8子(うち1人は誕生後間もなく死亡)が生まれたが、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世は「でぶの女たらし」とも「肉の機械」とも呼ばれる漁色家で、大勢の愛人との間にさらに8子をもうけている。

子女[編集]