ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセン (1774-1837)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ王妃ウィルヘルミナ

ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセン(Wilhelmine von Preußen, 1774年11月18日 - 1837年10月12日)は、プロイセン王国の王族。フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の四女で、オランダ王ヴィレム1世の王妃となった。全名はドイツ語でフリーデリケ・ルイーゼ・ヴィルヘルミーネ(Friederike Luise Wilhelmine)、オランダ語でフレデリカ・ルイーザ・ウィルヘルミナFrederica Louisa Wilhelmina)。

1774年11月18日、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(当時王太子)とその2番目の妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘フリーデリケとの間に第4子としてポツダムで生まれた。

ヴィルヘルミーネは1791年10月1日ベルリンで従兄(同名の叔母の息子)であるオラニエ公子ウィレム・フレデリックと結婚した。夫は後にオラニエ公ウィレム6世となり、さらに1815年ウィレム1世としてオランダ王に即位した。これによってヴィルヘルミーネはオランダ王妃ウィルヘルミナとなった。

1837年10月12日、ヴィルヘルミーネはハーグで死去し、デルフトに葬られている。

子女[編集]

夫であるウィレム1世との間には以下の2男2女をもうけた。

外部リンク[編集]