宗教団体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宗教団体(しゅうきょうだんたい)

  1. 宗教活動のための団体。法的には、宗教法人法昭和26年4月3日法律第126号)第2条の定義によると、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、および信者を教化育成することを主な目的とする礼拝の施設を備える団体をいう。また、これらを包括する団体でもそうである。宗教団体は、宗教法人法に従って宗教法人になることができる。
  2. 昭和14年の宗教団体法(廃止)によって規定されたもの。管轄庁の認可を必要とした。「神道教派仏教宗派基督教其の他の教団」、「寺院教会」が該当する。法人格を持つか、持つことができる。

関連項目[編集]