デンマークの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デンマークの国章
National Coat of arms of Denmark.svg
他の種類
Royal coat of arms of Denmark.svg
デンマーク国王の紋章
詳細
使用者 デンマーク王国
デンマーク
採用 12世紀
1819年
1991年
クレスト クリスチャン5世王冠
Or, three lions passant in pale Azure crowned and armed Or langued Gules, nine hearts Gules

デンマーク国章(デンマークのこくしょう)は盾型の背景に、3頭の王冠をかぶった青いライオンと9つの赤いハートマークで表される。

現在の国章は1991年にヴルフ(Aage Wulff)によってデザインされたものであるが、その原型となったライオンの紋章はデンマークでは12世紀クヌーズ4世の紋章にまでさかのぼることができる。13世紀からライオンに王冠がつくようになり、16世紀にハートの数が9つと定められた。今日の形式で固まったのは1819年である。

クヌーズ4世の弟のヴァルデマー2世バルト海沿岸地域へ進出したことから、エストニアの国章ともライオンのデザインが一部共通している。また、デンマークの影響力が伝統的に強かったユトランド半島南部、ドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の紋章にも類似したデザインが用いられている。

王室の紋章[編集]

デンマーク王室の紋章も国章としてしばしば用いられる。2人の未開人に支えられ(サポーター)、デンマークの国旗の赤と白の十字で区切られた盾は、中心にデンマークの王家であったオルデンブルク朝を表す金の地に赤い横棒二本の小さい盾を配し、十字で分割された背景には国章のライオンとハート、南ユトランドの2頭のライオン、カルマル同盟の3つの王冠、フェロー諸島の雄羊、グリーンランドの白熊などがあしらわれている。現在の紋章は1972年にフリース(Claus Achton Friis)がデザインした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]