ルクセンブルクの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルクセンブルクの国章
Coat of arms of Luxembourg.svg
他の種類
Coat of arms of Luxembourg (Middle).svg
中紋章
Coat of arms of Luxembourg (Lesser).svg
小紋章
Armoiries Luxembourg Bourbon avec ornements.svg
ルクセンブルク大公の個人的な紋章
詳細
使用者 ルクセンブルク大公国
パルム=リュクサンブール家
採用 1235年
1972年8月16日
クレスト Luxembourgian grand-ducal Crown
Barry of ten pieces Argent and Azure, a lion rampant forked tail (queue fourché in Saltire) and looped Gules crowned, armed and langued or.
サポーター Two lions reguardant, crowned and with forked tails looped or armed and langued Gules
コンパートメント A compartment or.
勲章 Order of the Oak Crown
その他 The whole resting on a Mantle Gules lined with Ermine, lined, fringe, cords and tassels or

ルクセンブルク国章(ルクセンブルクのこくしょう)は、1972年8月16日に制定された。

ルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家(ヴァルラム系ナッサウ家)の紋章と共用である。

ルクセンブルク政府は中紋章を使用する他、大公には個別の紋章が存在する。

構成要素[編集]

盾の部分
  • 銀(白)の十本の横帯が並んだ地に、の王冠と爪と舌を持つ赤い二尾の獅子が置かれる。
  • 赤い二尾獅子は通称リンブルグライオンとも呼ばれ、1197年にルクセンブルク女伯エルメシンドがリンブルク公子ヴァルラム(後のヴァルラム3世)と結婚した際に、リンブルクの「銀地に王冠をかぶった赤い二尾獅子」の紋章を採用したことに由来する。二人の息子ハインリヒ5世はリンブルク公は継承しなかったため、銀地に青い帯を付け加えて独自の紋章にしている。
  • クラウンとして盾の上に置かれるのもローブ・オブ・エステートに付随するのも、ルクセンブルク大公の冠である。
  • 盾持ちは体の色と舌の色が盾のライオンと逆転した二頭の二尾獅子である。盾の獅子がランパント(左を向いて立ちあがる)なのに対して、盾持ちの獅子は盾を抱え振り返る姿勢である。
  • 盾を囲む勲章はオーククラウン勲章という騎士団勲章。外国人にも与えられることがある。


参考文献[編集]

  • 苅安望 『世界の国旗と国章大図鑑 三訂版』 平凡社 ISBN 978-4-582-40735-8
  • 印南博之『西洋紋章パヴィリオン その形や色に隠されたドラマ』 東京美術 ISBN 4-8087-0571-0

関連項目[編集]