アイスランドの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイスランドの国章
Coat of arms of Iceland.svg
詳細
使用者 アイスランド共和国
採用 1944年7月1日
青地十字
サポーター ランドヴェッティル
コンパートメント パホイホイ溶岩

アイスランド国章(アイスランドのこくしょう、: Coat of arms of Icelandアイスランド語: Skjaldarmerki Íslands)は、スカイブルーの地に内部に十字が入った銀色の十字すなわちアイスランドの国旗が描かれているを、コンパートメントとしてのパホイホイ溶岩の上に乗ったアイスランドの4体の守護者がサポーターとして支えている意匠である。サポーターとなっている雄牛はアイスランド南西部の、は北西部、ドラゴンは北東部(特にヴォプナフィヨルズル)、巨人は南東部の守護者である。

紋章記述は、「Azure, on a cross argent a cross gules」である。

アイスランドの元首は、アイスランドの国章が描かれた燕尾形の国旗を用い、アイスランド国家警察は、国旗の使用ができない場合は、白地にアイスランドの国章が描かれた旗を用いる。その他の国家組織も、同様の旗を用いている。

歴史[編集]

アイスランドは、時代によって、下記のようないくつかの国章を用いてきた。

  • 最初の紋章は、6本の青い横縞と6本の銀色の横縞が描かれた盾で、12のアイスランドコモンウェルスを表していた。
  • 次の紋章は、1258年にノルウェーホーコン4世からギッスル・ソルヴァルドソン英語版(アイスランド初代総督[1])に与えられたもので、ノルウェーの国章の盾とライオンの色を変え、盾の下部に青と銀色の横縞を入れたものだった。
  • 1500年頃の紋章は、赤い盾に王冠をつけたタラの干物が描かれているものだった。魚は、場合によって様々な描かれ方をされた。
  • 1903年10月3日、紋章は、青い盾に白いハヤブサが描かれたものに変更された。1919年2月12日に、4対の守護者が描かれた紋章に代わるまで使われた。ハヤブサは、クリスチャン10世の時代まで王家の紋章に使われた。
  • 1944年7月17日に独立を果たすと、現在の紋章が正式に採用された。

守護者について[編集]

4体の守護者たち(ランドヴェッティル英語版)は、次のような由来による。

13世紀にアイスランドで書かれた『ヘイムスクリングラ』にある、昔デンマーク国王ハラルド・ゴルムスソンがアイスランドを征服するために魔術師をアイスランドに派遣したところ、アイスランドの各方角にこの4体が存在していて征服をあきらめざるを得なかった、という伝承[2][3]に基づいている。東(ヴォプナフィヨルズル)をドラゴン、北を鳥、西を雄牛、南を巨人が守護するとされている。

アイスランドでは、これらの守護者に最大の敬意が払われており、ヴァイキングの時代には、アイスランドに寄航する船は、守護者達を怖がらせないように船の舳先に取り付けている竜の頭の装飾を外したり後ろ向きにしたりしなければならないという法律があったほどである[4][5][2]

これらの守護者は、アイスランド・クローナの硬貨の片面にも描かれている。(「アイスランド・クローナ」を参照)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カールソン 2002、32頁。
  2. ^ a b フランクリン, アンナ 「ランドヴェッティル」『図説妖精百科事典』 井辻朱美監訳、東洋書林2004年3月、568頁。ISBN 978-4-88721-636-5
  3. ^ スノッリ・ストゥルルソン 「第三十三章 ハラルド・ゴルムスソン」『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -』(二)、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社、2009年3月、62-63頁。ISBN 978-4-938409-04-3または ISBN 978-4-905392-04-0
  4. ^ 山室静 『北欧の神々と妖精たち』 岩崎美術社〈民俗民芸双書 82〉、1977年8月、233頁。全国書誌番号:78033647NCID BN03218506同ページによれば、930年に制定された最初の法律(憲法)であったという。
  5. ^ 岡崎晋 「見直されるバイキング」『スウェーデン・デンマーク野外歴史博物館 神話伝説と北欧の民家』 杉本尚次、岡崎晋編、講談社〈世界の博物館 14〉、1978年8月、142頁。ISBN 978-4-06-142514-9同ページによれば、『植民の書』がこの決まりについて言及しているという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]