スウェーデンの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スウェーデンの国章
Greater coat of arms of Sweden.svg
他の種類
Greater coat of arms of Sweden (without ermine mantling).svg
中紋章
Lilla riksvapnet - Riksarkivet Sverige.png
政府の使用する小紋章
詳細
使用者 カール16世グスタフ
採用 1525年4月11日
1905年11月17日
クレスト Royal Crown of Sweden
Azure, quartered by a cross Or with outbent arms, and an inescutcheon containing the dynastic arms of the Royal House. In the first and fourth fields three open crowns Or, placed two above one. In the second and third fields three sinisterbendwise streams argent, a lion crowned with an open crown Or armed gules. The inescutcheon is party per pale the arms for the House of Vasa (Bendwise azure, argent and gules, a vasa (sheaf of wheat) Or); and the House of Bernadotte (Azure, issuant from a wavy base a bridge with three arches and two towers embattled argent, in honour point an eagle regardant with wings inverted resting on thunderbolts Or, and in chief the Big Dipper constellation of the same).
サポーター two lions regardant, crowned and with forked tails (queue fourchée) Or armed gules, standing on a compartment Or
コンパートメント Pedestal Or
勲章 Order of Seraphim
その他 All surrounded by ermine mantling, crowned with a royal crown and tied up with tasseladorned strings Or

スウェーデン国章(スウェーデンのこくしょう)は、北ヨーロッパにある王国スウェーデン国章である。上の国章は最も高貴な国章で、王室発行の公文書等、ごく一部のみで使用される。下の国章は略章で、通常スウェーデンの行政機関在外公館ではこちらの方が使用される。

上の国章の中央に描かれているのはスウェーデンを象徴する王冠であり、二頭の顔を後ろに向けた両足立ちの二尾のライオンサポーターとなってそれを支えている。盾の中央部にはスウェーデン王室の紋章家紋)が配されている。

一般人が見かける事が最も多いのは略章の方であり、オリンピックや各種スポーツの世界選手権等でスウェーデンの選手団が着用するジャケットなどにも国旗以外に略章があしらわれる事が多い。各種スポーツの大会で、スウェーデン代表をさして「トゥレー・クローノー (tre kronor)」(三つの王冠)というのも、この略章に描かれている逆三角形状に配された三つの王冠に由来している。略章下部の色(黄色)もスウェーデンの国旗と共通している。

関連項目[編集]