サンマリノの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンマリノの国章
Coat of arms of San Marino.svg
詳細
使用者 サンマリノ
採用 1862年
モットー LIBERTAS(自由)
ティタノ山のシタデル

サンマリノ国章(サンマリノのこくしょう)では、サンマリノ共和国が定める国章について解説する。

この国章は、おそらく14世紀には成立していたと考えられる。1862年4月6日に規定、この時に王冠が加えられた現在の意匠となった。紋章全体が世界最古の共和国としての自由独立を象徴している。サンマリノの国旗サッカーナショナルチームロゴにも使われている。

構成[編集]

  • 青地の中に、ダチョウの羽の風向計を取り付けた、3つのを戴く、3つのがある。 塔はサン・マリノの3つの(グアイダ、チェスタ、モンターレ)、丘はティターノ山の3つの頂上を表す。
  • モットーには"LIBERTAS"(ラテン語で「自由」の意)と書かれている。これは、サン・マリノの初期の歴史において自由を奪われた政争の犠牲者と、大国に囲まれながら独立を維持した歴史にちなむものであると考えられる。あるいは建国の英雄である聖マリノの最期の言葉 "Relinquo vos liberos ab utroque homine" (「私は貴方たちを2人の者から解き放った」)から連想された可能性もある。この2人の者とは、教皇皇帝で、宗教権力と世俗権力それぞれからの解放を意味すると解釈されている。
  • 紋章を囲むオークの枝は「安定」、月桂樹の枝は「自由」、王冠は「主権」をそれぞれ象徴する。

参考文献[編集]

  • 苅安望著 『世界の国旗と国章大図鑑 三訂版』 平凡社、2008年、35頁。 ISBN 978-4-582-40735-8

関連項目[編集]