エストニアの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エストニアの国章
Coat of arms of Estonia.svg
詳細
採用 1993年
ソ連時代のエストニアの国章

エストニア国章(エストニアのこくしょう)は金地青い3頭の正面を向いたライオンを描いたもので、金のオークの枝に囲まれたデザインとなっている。青いライオンはデンマークのヴァルデマー2世にちなみ、その起源は13世紀にまで遡る。元来はタリンの市の紋章であり、デンマークの国章とも一部共通するデザインとなっている。なお、カシはエストニアの人々にとって聖なる木とされている。

1925年に正式に議会において国章と定められたが、ソビエト連邦期には使用が禁じられ、マツとコムギが共産主義を表す赤い星の下、朝日と鎌と槌を囲む国章が使われていた。現在の国章は、1993年より再び用いられるようになっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]