ベルギーの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルギーの国章
Great coat of arms of Belgium.svg
他の種類
State Coat of Arms of Belgium.svg
ベルギー連邦政府によって使用されている小紋章
詳細
使用者 ベルギー王アルベール2世
採用 1837年3月17日
sable, a lion rampant Or (the Leo Belgicus)
サポーター Two lions gardant proper
モットー : L'UNION FAIT LA FORCE
: EENDRACHT MAAKT MACHT
勲章 Order of Leopold
その他 hand of justice, and a sceptre with a lion, two lances with the national colours

ベルギー国章(ベルギーのこくしょう)は、ベルギー国家象徴である1組のライオンを内に含んでいる。中央には、伝統的なライオンの象徴を包含しているがある。この紋章は、君主制を表現する外套を基礎に構成されており、その中に前述の1組のライオンと、国の標語である、団結は力なりを意味するフランス語L'union fait la forceか、オランダ語Eendracht maakt machtが記されているがある。

1組のライオンは、それぞれベルギーの国旗を持っており、一方、ベルギーの9つの(現在では10州)のそれぞれのが、王の外套の後ろから上がっている。外套の上部には、王冠が据えられている。

大紋章は、1837年3月17日に採用された。

小紋章[編集]

ベルギー連邦政府によって使用されているような小紋章は、(旧ブラバント州の紋章)黄色いライオンを含む黒い盾を包含し、その上に王冠を戴いている。盾の下には、記章の帯に国の標語がしたためられている。盾の後ろには、2本の交差した王笏が置かれ、一方の上端は手に、他方の上端はライオンになっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]