ヘイムスクリングラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ヘイムスクリングラ』写本のページ。

ヘイムスクリングラ古ノルド語: heimskringla。「世界の輪」[1]、「世界の環」[2]の意)は、1220年代か1230年代初頭にアイスランドストゥルラの息子スノッリが編集したと言われているノルウェーサガ集の総称である。 この題名はのちに「ユングリング家のサガ」の冒頭の語からつけられたとされている。スノッリによる序文に続いて、スウェーデンの伝説上の王家であるユングリング家(Ynglingar)に始まる16編のサガで構成される[1]。 神代の物語から始まって10世紀11世紀を経て12世紀の歴史で終わる。

アイスランドの国章は、このヘイムスクリングラのサガに由来する。 13世紀にアイスランドで書かれた『ヘイムスクリングラ』にある、昔デンマーク国王ハラルド・ゴルムスソンがアイスランドを征服するために魔術師をアイスランドに派遣したところ、アイスランドの各方角にこの4体が存在していて征服をあきらめざるを得なかった、という伝承[3]に基づいている。東(ヴォプナフィヨルズル)をドラゴン、北を鳥、西を雄牛、南を巨人が守護するとされている。


内容[編集]

  1. ユングリング家のサガ[注釈 1]
  2. ハールヴダン黒王のサガ[注釈 2]
  3. ハラルドル美髪王 のサガ[注釈 3]930年?頃没)
  4. ホーコン善王のサガ[注釈 4]960年頃没 )
  5. 灰色マントのハラルドル王のサガ[注釈 5]970年頃/974?年没)
  6. トリッグヴィの息子オーラーヴル王のサガ[注釈 6]1000年没)
  7. 聖オーラーヴル王のサガ[注釈 7]1030年没)
  8. マグヌス善王のサガ[注釈 8]1047年没 )
  9. ハラルドル苛烈王のサガ[注釈 9]1066年没 )
  10. オーラーヴル平和王のサガ[注釈 10]1093/94年没 )
  11. 裸足のマグヌース王のサガ[注釈 11]1103年没 )
  12. マグヌースの息子たちのサガ[注釈 12]十字軍(エルサレム行き)のシグルズル1130年没 )、エイステイン1122年没)、オーラーヴル1116年没))
  13. マグヌース盲王 (退位1135年)と キリストの僕のハラルドル王1136年没)のサガ[注釈 13]
  14. ハラルドルの息子たち(インギ(1161年没)、シグルズル(1155年没)、エイステイン(1157年没))のサガ[注釈 14]
  15. 肩広のホーコン王 のサガ[注釈 15]1162年没 )
  16. エルリングルの息子マグヌースのサガ[注釈 16]1184年没だが、サガは1177年の勝利まで)

日本語訳[編集]

  • 日本アイスランド学会編訳『サガ選集』東海大学出版会、1991年。ISBN 978-4-486-01152-1
    • 『ホーコン善王のサガ』を収録。
  • スノッリ・ストゥルルソン 著『ヘイムスクリングラ 北欧王朝史 (一)』谷口幸男訳、北欧文化通信社、2008年。ISBN 978-4-938409-02-9
  • スノッリ・ストゥルルソン 著『ヘイムスクリングラ 北欧王朝史 (二)』谷口幸男訳、北欧文化通信社、2009年。ISBN 978-4-938409-04-3
  • スノッリ・ストゥルルソン 著『ヘイムスクリングラ 北欧王朝史 (三)』谷口幸男訳、北欧文化通信社、2010年。ISBN 978-4-938409-06-7
  • スノッリ・ストゥルルソン 著『ヘイムスクリングラ 北欧王朝史 (四)』谷口幸男訳、北欧文化通信社、2010年。ISBN 978-4-938409-07-4

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』での日本語題は『ユングリンガサガ』。『オージンのいる風景』252頁掲載の日本語題は『ユングリンガ・サガ』。
  2. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』での日本語題は『ハルヴダン黒王のサガ』。
  3. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』での日本語題および『オージンのいる風景』252頁掲載の日本語題は『ハラルド美髪王のサガ』。
  4. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』での日本語題および『オージンのいる風景』253頁掲載の日本語題は『ハーコン善王のサガ』。
  5. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』での日本語題は『灰色マントのハラルド王のサガ』。『オージンのいる風景』252頁掲載の日本語題は『ハラルド灰色外套王のサガ』。
  6. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (二)』での日本語題は『オーラヴ・トリュッグヴァソンのサガ』、『オージンのいる風景』252頁掲載の日本語題は『オーラヴ・トリュッグヴァソン王のサガ』。
  7. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -』二および三、および『オージンのいる風景』252頁掲載の日本語題は『オーラヴ聖王のサガ』。
  8. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (三)』での日本語題は『マグヌース善王のサガ』。
  9. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『ハラルド苛烈王のサガ』。
  10. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『〈無口のオーラヴ王〉のサガ』。
  11. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『〈素足のマグヌース王〉のサガ』。
  12. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『マグヌースソンのサガ』。
  13. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『〈盲目のマグヌース〉とハラルド・ギリのサガ』。
  14. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『ハラルドの子のサガ』、『オージンのいる風景』252頁掲載の日本語題は『ハラルド王の息子たちのサガ』。
  15. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『〈広肩のハーコン王〉のサガ』、『オージンのいる風景』253頁掲載の日本語題は『ハーコン広肩王のサガ』。
  16. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (四)』での日本語題は『マグヌース・エルリングスソンのサガ』。

出典[編集]

  1. ^ a b 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (一)』15頁。
  2. ^ V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』(谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6)301頁。
  3. ^ スノッリ・ストゥルルソン『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 -(二)』(谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社、2009年、ISBN 978-4-938409-04-3)62-63頁(第三十三章 ハラルド・ゴルムスソン)。なお、異なるコードの ISBN 978-4905392040 も同一の本である。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]