フィリップ・ペタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ペタン
Philippe Pétain
Philippe Pétain (en civil, autour de 1930).jpg

任期 1940年6月17日1940年7月11日
元首 アルベール・ルブラン大統領

任期 1940年7月11日1942年4月18日
元首 フィリップ・ペタン主席(国家元首の兼任)

任期 1940年7月11日1944年7月7日

出生 1856年4月24日
フランスの旗 フランス帝国コーチ=ア=ラ=トゥール英語版
死去 1951年7月23日(満95歳没)
フランスの旗 フランスユー島ポール=ジョアンヴィル

アンリ・フィリップ・ベノニ・オメル・ジョセフ・ペタンフランス語: Henri Philippe Benoni Omer Joseph Pétain, 1856年4月24日 - 1951年7月23日)は、フランス軍人政治家フランス第三共和政最後の首相およびフランス国(ヴィシー政権)主席をつとめた。

経歴[編集]

第一次世界大戦まで[編集]

1856年4月24日にパ=ド=カレー県コシ=ア=ラ=トゥール英語版で生まれた。1887年サン・シール陸軍士官学校を卒業し、1901-1907年、陸軍士官学校・陸軍大学で歩兵学を講義した。彼の出世は決して早いものではなかった。第一次世界大戦が勃発した1914年、彼はすでに58歳であったが、階級は大佐で第33歩兵連隊の連隊長にすぎなかった。 しかし彼の軍事思想[1]がフランス陸軍総司令官ジョゼフ・ジョフルの目に止まり、マルヌ会戦を前に旅団長・師団長・軍団長と一気に昇進した。以降アルトワの戦いシャンパーニュの戦いで戦功を挙げ、西部戦線で最も卓越した指揮官の一人という評価を得るに至った。1916年2月21日のヴェルダンの戦いでは、バル・ル・デュックとヴェルダンを結ぶ街道(バル・ル・デュック街道、神聖街道)を兵士と物資を頻繁に運んだ。特に兵士は交替しながら戦争できるように回転させた。こうして第二軍司令官としてフランス軍を勝利に導き、「ヴェルダンの英雄」という名声を得た。その高い人気もあって1917年にはピエール・ニヴェルの後任としてフランス陸軍総司令官となった。1918年連合国の勝利で第一次世界大戦が終結した後の11月には元帥に昇進している。

なお、第33歩兵連隊時代からの部下に、のちの大統領・シャルル・ド・ゴールがいた。

戦間期[編集]

1920年、独身であったペタンは42歳のユージェニー・アードンと結婚した。陸軍最高顧問となったペタンはマジノ線の建設計画を始めとするフランスの防衛構想に大きく関与した。しかしそれは第一次世界大戦の戦争形式を踏襲するものであり、後年のフランス敗北の一因ともなった。戦後、ペタンは「私の軍事的精神は閉ざされてしまった。新しい道具、新しい機械、新しい方法が導入されたとき、私はそれに関心を持たなかったことを告白しなければならない」と語っている[2]

1929年にはフォシュの後任としてアカデミー・フランセーズ会員に選出されている。1934年には国防相を務め、1939年には大使としてスペインに赴任した。

ヴィシー政権[編集]

ペタンとヒトラー。中央の制服姿の人物は、ヒトラーの通訳官パウル・シュミット、ヒトラーの後方の制服姿の人物は、ドイツ外相のヨアヒム・フォン・リッベントロップ1940年10月24日モントワール駅

第二次世界大戦中の1940年春、ドイツの侵攻でフランス軍が敗北を続ける中、84歳のペタンはレノー内閣の副首相に任命された。ペタンはウェイガン陸軍総司令官とともに対独講和を主張し、主戦派のレノーを圧迫した。6月17日にレノー内閣が倒れると、ペタンは後任の首相に任命された。6月21日、ペタン率いるフランス政府はドイツに休戦を申し込み、翌6月22日に休戦は成立した。

独仏休戦協定によってパリを含むフランス北部と東部はドイツの占領下に置かれ、フランス政府はフランス南部のヴィシーに移った。7月10日、ヴィシーで開催された国民議会は圧倒的多数で新憲法制定までの憲法的法律を制定した。その内容は「『フランス国(État français)』の新しい憲法を公布することを目的として、ペタン元帥の権威のおよび署名の元にある共和国の政府に全ての権限を与える」というものであった[3]。ペタンは強大な権限を持つこととなったが、実際の政治は副首相であるピエール・ラヴァルが大半を行っていた。以降ペタンはフランス国主席(Chef de l'État français)となった。これ以降の政権はヴィシー政権と呼ばれる。ヴィシーではペタンを「国家の父」とするような個人崇拝が起きた。

ヴィシー政府は表面上は中立国扱いであったが、ペタンも副首相ラヴァルも、ドイツへの協力を拒否することは出来なかった。枢軸国に大量の物資や食料を提供し、海外の植民地に、ドイツ軍や日本軍を抵抗なしに受け入れさせ、連合国との戦いを支援させた。マダガスカルなど多くの植民地政府がこれに従い、仏領インドシナは日本軍の進駐を受け入れた(仏印進駐)。また、レノーやダラディエなどの前政府関係者を戦犯として裁く裁判を起こし、被告の多くはドイツ国内の強制収容所に送られている(リオン裁判)。一方で1942年11月には北アフリカに滞在していたフランソワ・ダルラン大将がアフリカのヴィシー軍を連合国軍に降伏させたが、ダルランは事前にペタンの了承を取っていたとされる[4]。しかしこの降伏を受けて残された南半分もドイツ軍に占領され(アントン作戦)、ペタンは完全に飾り物の指導者でしかなくなった。

政権崩壊[編集]

1944年フランス共和国臨時政府のド・ゴールを含む連合国軍がフランスに再上陸した。ペタンは臨時政府に政権を引き渡す交渉を行って、ヴィシー政府の正統性を残そうとしたが、ドゴールに拒絶された。9月7日、ヴィシー政府は連合軍の攻撃を避け、南ドイツのジグマリンゲンに避難したが、その後すぐにペタンは国家主席を辞任した。

戦後[編集]

ペタンの墓

ペタンは1945年4月にドイツからスイスを経由してフランスに戻り、逮捕された。1946年の7月から8月にかけて裁判にかけられ、死刑を宣告された。しかし、1946年8月17日、ド・ゴールによって高齢を理由に無期禁固刑に減刑された。裁判後にはアカデミー・フランセーズからも追放されたが、ペタンの存命中には席次18は空位として扱われた。1951年7月23日、流刑先であるブルターニュ地方のユー島で生涯を閉じた。

死後間もなくウェイガン大将の呼びかけで「ペタン元帥の追憶を守るための協会」(fr)が樹立された。この協会はペタンの名誉回復を求め続けたが、極右的政治勢力の温床にもなった[5]。1958年にド・ゴールが大統領になると、「第一次世界大戦の勝利に貢献した」として、その年11月11日の第一次世界大戦戦勝記念日にあたる追憶の日fr)、ペタンの墓碑へ花輪を贈った。しかし、ペタン信奉者の一部は不快に思い、ド・ゴールの名のついたリボンを引き裂いた。その後、歴代の大統領が第一次世界大戦戦勝記念日に花輪を贈る慣行はしばらく続いたが、1993年11月8日、ミッテラン大統領は花輪の慣行を取りやめる声明を出した。

評価[編集]

軍人としての功績[編集]

ペタンは第一次世界大戦時に、攻勢防禦あるいは縦深陣地戦術という防衛戦術を指示している。最前線の塹壕が敵軍により突破されることを前提とし自陣内に攻め込んで補給線の伸びた敵軍を両翼包囲することを想定して斜交塹壕を構築する[6]

政治家としての評価[編集]

フランスでは一般にドイツへの協力者として批判を受けているが、ペタンの降伏がフランス全土を廃墟とする事態から救ったという評価、ドイツの占領政策に密かに抵抗したという評価も存在し、時折論争になることもある。

三島由紀夫文化防衛論の中で、ペタン政府がパリを無血開城したことについて。次のように評価している。『(中略) 中世以来の建築的精華に充ちたパリの破壊を免れるために、これを敵の手に渡したペタンの行為によくあらわれている。パリは一フランスの文化であるのみではなく、人類全体の文化的遺産であるから、これを破壊から護ることについては敵味方は一致するが、政治的局面においては、一方が他方に降伏したのである。そして国民精神を代償として、パリの保存を購ったのである。このことは明らかに国民精神に荒廃をもたらしたが、それは目に見えぬ破壊であり、目に見える破壊に比べたらはるかに恕しうるものだった!』[7]

参考文献[編集]

戦後フランス憲法前史研究ノート(一)
戦後フランス憲法前史研究ノート(二)
戦後フランス憲法前史研究ノート(三)

脚注[編集]

  1. ^ 当時参謀本部で優勢であった積極的攻撃論に異議を唱え、堡塁防御の戦術を主張していた。(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅱ ルネサンスー啓蒙時代 原書房 2004年 162ページ)
  2. ^ 児島襄「誤算の論理」文春文庫(1990年)より、戦後の議会調査委員会に出席したペタンの発言
  3. ^ 村田、一、177-178p
  4. ^ 大井、887p
  5. ^ 大井、1074p
  6. ^ 別宮暖朗 「第1次大戦と20世紀サイト>攻勢防禦(縦深陣地戦術)」
  7. ^ 文化防衛論 P.40-41

関連項目[編集]

公職
先代:
ポール・レノー
フランスの旗 フランス共和国首相
第三共和政第87代:1940
次代:
フィリップ・ペタン
(フランス国)
先代:
フィリップ・ペタン
(フランス共和国)
フランスの旗 フランス国首相
初代:1940 - 1942
次代:
ピエール・ラヴァル
先代:
アルベール・ルブラン
(フランス共和国)
フランスの旗 フランス国国家元首
初代:1940 - 1944
次代:
シャルル・ド・ゴール
(臨時政府国家元首)
爵位
先代:
アルベール・ルブラン
アンドラの旗 アンドラ公国共同大公
Justí Guitart i Vilardebó(1940)、
Ramon Iglesias i Navarri(1942-1944)と共同

1940 - 1944
次代:
シャルル・ド・ゴール
前任:
フェルディナン・フォシュ
アカデミー・フランセーズ
席次18

第13代:1929年 - 1945年
後任:
アンドレ・フランソワ=ポンセ